著者
杉本 昌裕
出版者
跡見学園女子大学
雑誌
跡見学園女子大学文学部紀要 (ISSN:13481444)
巻号頁・発行日
vol.44, pp.A27-A42, 2010-03-15

本稿は、ここ10 数年の日本のアニメーション、アート、そして美術文化について論述したものである。この間筆者は、美術を守り育てる場、つくる場、広める場を経験し、それぞれの立場から日本の美術について考察でき、客観的で実証的な研究を進められた。日本の美術における今後の在り方を明らかにし、美術教育、美術文化振興、人材育成等に資することがねらいである。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (5 users, 6 posts, 11 favorites)

秋山です。21日の発表では杉本昌裕氏の論文『日本のアニメーション、アート、そして美術文化』を紹介します。よろしくお願いします。http://t.co/xzocyD1J
秋田です。 すみません、明日はEの日本のアニメーション、アート、そして美術文化について発表します。http://t.co/5vBEiMaT
“CiNii 論文 -  日本のアニメーション、アート、そして美術文化” http://t.co/FYY6oS5n
CiNii 論文 - 日本のアニメーション、アート、そして美術文化 http://t.co/TOSXK05v

収集済み URL リスト