著者
川崎 良孝
出版者
日本図書館研究会
雑誌
図書館界 (ISSN:00409669)
巻号頁・発行日
vol.55, no.4, pp.194-206, 2003-11-01

1977年にマサチューセッツ州ボストン市の近郊の町チェルシーで,教育委員会が学校図書館蔵書を除去した。それにたいして生徒,教師,図書館員,市民グループが,生徒や教員の修正第1条の権利を侵害していると提訴し,当該図書を図書館に戻すように訴えた。このチェルシー事件は1978年に判決が下され,原告勝訴となった。本稿はこの事件の経過,判決を紹介するとともに,判決の意義を考察する。そして学校図書館蔵書をめぐる諸判決なかで,生徒の知る権利を正面から認めた最も積極的な判決と位置づける。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 学校図書館の検閲と生徒の知る権利 : チェルシー事件(1978年)の場合(川崎 良孝),2003 https://t.co/Cf25m24HCp
CiNii 論文 -  学校図書館の検閲と生徒の知る権利 : チェルシー事件(1978年)の場合 http://t.co/S52FM9iz6a #CiNii
こんな論文どうですか? 学校図書館の検閲と生徒の知る権利 : チェルシー事件(1978年)の場合(川崎 良孝),2003 http://t.co/Cf25m2Vv0B
こんな論文どうですか? 学校図書館の検閲と生徒の知る権利 : チェルシー事件(1978年)の場合(川崎 良孝),2003 http://t.co/Cf25m2mQQx

収集済み URL リスト