著者
村上 千鶴子
出版者
学校法人 開智学園 開智国際大学
雑誌
日本橋学館大学紀要 (ISSN:13480154)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.69-79, 2011

目的:統合失調症者の世界観について、正常対照群と比較して評価した。方法:統合失調症の診断がついている入院患者41 名と正常対照群50 名について、1996 年に世界観調査が実施された。結果:統合失調症者では、対象群と比較して具体性、感情的反応、二極化、分散、断定、自惚れ、被害妄想(女性)、宗教的傾向(女性)、関係性重視(女性)がより頻回にみられた。考察:統合失調症者の回答にみられた傾向は、ほとんどがPiaget の認知発達理論でいう「前操作期」あるいは「具体的操作期」と同様の認知段階を示した。慢性統合失調症患者では、情緒の退行と情緒の不安定性と同様に認知段階の退行が起こり、これが、自閉思考や原始的思考にみられる奇異な論理を惹起し、同時に心の平衡を保とうとすると考えられた。また、統合失調症者は、批判的に体験を受け入れる代わりに、生起した主観的、特殊な体験を無批判に受け入れる傾向があり、また断定的に物事を否定することで自身の意識の明瞭性を印象付ける傾向があることが示唆された。このことは、疾病それ自体だけではなく、環境要因への配慮も必要であることが示唆されており、その意味では、統合失調症者においても環境制限的であり、所与の環境における心理学的影響が注意深く考慮されなければならない。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 統合失調症者における論理構造の特徴-非定型向精神薬処方前の患者における世界観の質的分析(村上 千鶴子),2011 https://t.co/vzIXDNhSnK 目的:統合失調症者の世界観について、正常対照群と比較して評価し…
CiNii 論文 -  統合失調症者における論理構造の特徴-非定型向精神薬処方前の患者における世界観の質的分析 https://t.co/TJs0SBhOfe #CiNii
こんな論文どうですか? 統合失調症者における論理構造の特徴-非定型向精神薬処方前の患者における世界観の質的分析(村上 千鶴子),2011 https://t.co/vzIXDNhSnK

収集済み URL リスト