著者
池田 真由美
出版者
福島県立医科大学
雑誌
福島県立医科大学看護学部紀要 (ISSN:13446975)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.23-31, 2013-03

【目的】産褥早期褥婦の疲労が,イトオテルミー療法により軽減できるかを客観的評価(加速度脈波測定システムを用い心拍変動周波数と心拍変動係数の前後差)と主観的評価(「疲労の自覚症しらべ」の前後差)で明らかにする.【対象】正常な妊娠経過をたどり,A病院で経膣分娩した褥婦34名.【方法】実験デザインは,被験者内比較型のランダム化比較実験(RCT)(イトオテルミー療法(A法)と安静(B法)の繰り返しのない被験者内比較)【結果】産褥早期褥婦の疲労において,イトオテルミー療法の効果を,APG(加速度脈波)による客観的指標と「疲労の自覚症しらべ」による主観的指標から見てみると,「CVa-a%」「全身がだるい」「頭が痛い」「頭が重い」「頭がぼんやりする」「肩がこる」において効果が確認できた.【結語】産褥早期褥婦にイトオテルミー療法を行う事で,皮膚に加えられた触圧刺激(器械的・温度的)により血行改善・筋硬直の軽減・筋弛緩効果が頭部や肩の不快症状の軽減につながり,また,快適温度刺激・香などにより爽快感・壮快感・催眠感など副交感神経機能亢進による心理的効果が表れたと考えられる.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

1 1 https://t.co/mJEyvLB3wG https://t.co/AlPZcOg7R2
CiNii 論文 -  産褥早期褥婦の疲労におけるイトオテルミー療法の効果 https://t.co/v60uUEmr7I #CiNii

収集済み URL リスト