著者
Bonada Jordi Blaauw Merlijn 才野 慶二郎 久湊 裕司
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
研究報告音楽情報科学(MUS)
巻号頁・発行日
vol.2013, no.24, pp.1-6, 2013-08-24

音声,特に強め表現を伴う歌声においてはしばしば声帯振動に基本周期外の不規則な挙動が見られる.本稿ではこのような声質を持つ音声を再現するためのスペクトルモーフィングに基づいた音声合成手法について述べる.本手法は,ターゲットとなる声質を持った音声サンプルの励振源に相当する成分と,入力音声のスペクトル包絡を用いて合成を行うものである.まず,声質ターゲットサンプルに対し,その基本周波数を入力音声の基本周波数に合わせこむための時間領域リサンプリング処理を行う.その後,声質ターゲットサンプルのスペクトルの元々の包絡構造をなるべく復元するように,調波成分の再配置を行う.最後に,そこに入力音声の調波の振幅と位相を適用することで,入力音声の音色と声質ターゲットサンプルの声質を併せ持つ音声信号を得る.その音声信号と入力音声を任意の比率でモーフィングすることで,声質ターゲットサンプルの声質を任意の分量だけ持つ音声が合成可能となる.本稿では,グロウルの声質を持つ音声を使用した歌声合成および主観評価実験を行った.In this paper we introduce a morph-based approach for generating voice source aperiodicities frequently associated with strong vocal expressions, especially in singing. In our approach the excitation characteristics of one signal are combined with the fundamental frequency and spectral envelope characteristics of another signal. An exemplar sustained sample of the target voice quality is resampled in the time domain in order to generate a continuous signal matching the input voice's fundamental frequency. While we found the temporal scaling to be acceptable in many contexts, the frequency scaling has to be inverted in order to generate appropriate spectral content for the source excitation's entire bandwidth. Finally, the input signal's harmonic amplitudes and phases are applied to the transformed morph sample, allowing for a simple one-dimensional control of morph amount by linear interpolation with the input signal. The proposed system is evaluated and the results are discussed.

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  スペクトルモーフィングによるグロウル系統の歌唱音声合成 http://t.co/GX9BUAi4FJ #CiNii ヤマハすげえ!!!
V4のグロウルはこれね:CiNii 論文 -  スペクトルモーフィングによるグロウル系統の歌唱音声合成 http://t.co/7hCcDiVnPn
スペクトルモーフィングによるグロウル系統の歌唱音声合成 @mtg_upf http://t.co/2UaGe8zVga

収集済み URL リスト