著者
柴野 京子
出版者
社団法人情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.63, no.8, pp.310-314, 2013-08-01

ここ10年ほどの間に,日本の新刊書店数は7割程度まで減少した。とくに著しいのは個人経営の小規模書店の閉店だが,郊外化や都市部への大型出店をすすめてきたチェーン書店や大書店もまた,ブックオフやアマゾンなど,既存の枠組みの外からもたらされた環境の変化に直面している。ここではそれらの状況を概観したうえで,インターネット書店のデザインが現実の書店にもたらした影響や,バーチャルとの対比で新たに発見される「リアル」書店のありようなどについて,代表的な事例を用いながら,実験的に言及していく。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (9 users, 10 posts, 5 favorites)

おお、「情報の科学と技術」探してみよう(柴野京子「書店をめぐる現在」http://t.co/8U9zfSAqnH)…
売り場を書斎という私的空間のアナロジーで捉えたのが松丸本舗だとすると(柴野京子「書店をめぐる現在」http://t.co/mJLVivDJfT)平台のフラットデザイン化はディスプレイ上のUIとして平台というメディアを捉えている。
書店をめぐる現在(当世"書店"気質)/ . CiNii OpenSearch - 情報の科学と技術. http://t.co/sboq24fEE7

収集済み URL リスト