著者
村野井 均 宮川 祐一
出版者
日本教育メディア学会
雑誌
教育メディア研究 (ISSN:13409352)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.28-38, 1995-12-01

『できるかな』は、NHK教育放送で21年に渡って放送された番組である。この番組には2つの映像が提示されていた。一人は男性主人公の「ノッポさん」であるが、彼は一言も話さなかった。もう一人は動物で、時々鳴き声をあげる「ゴン太くん」であった。一方、この番組には2つの音声が提示されていた。一つは「ゴン太くん」の声であり、もう一つは女性ナレーターの声である。主人公が話さない役であったため、この番組は子どもにとって音声と映像の統合が難しかった。190名の大学生の回想から、音声と映像を統合する過程に現れるつまづきを分析したところ、11.1%の学生が「ノッポさん」を女性と思ったことがあり、40.7%の学生が音声と映像の組み合わせをまちがった経験を持っていた。画面に現れないナレーターという人工的存在を認識するために、子どもは音声と映像の組み合わせを試行錯誤する経験と教育的支援が必要であることを論じた。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

『教育メディア研究』より。子供は音声・映像・ナレーターをどう認識しているか。

Twitter (16 users, 17 posts, 9 favorites)

CiNii 論文 - NHK教育『できるかな』におけるナレーターの認識 https://t.co/bosAYcGLYk
こんな論文どうですか? NHK教育『できるかな』におけるナレーターの認識(村野井 均ほか),1995 https://t.co/1ZL12J74Jt
2 2 https://t.co/Le5ruGyQRj
1 1 https://t.co/NZ7KcAUUFJ
@kosakayuriko 面白い論文を見つけたので、ご紹介します。なるほどなあ、って。 冗長なので、暇なときに飛ばし読みして下さい。PDFなのでパソコンが良いかも。 NHK 教育 『できるかな』におけるナレーターの認識 https://t.co/gSGDHsR4bp

収集済み URL リスト

http://ci.nii.ac.jp/naid/110009691072 (16)

http://altmetrics.ceek.jp/article/ci.nii.ac.jp/naid/110009691072 (1)