id:machida77

投稿一覧(最新100件)

『教育メディア研究』より。子供は音声・映像・ナレーターをどう認識しているか。
Twitterで紹介されてた。ウルトラセブンとウルトラマンメビウスの慰問により改善した例。心因性の発熱だったと考えられている。
1999年。ヘリゲルの『弓と禅』の神秘性は通訳の問題とヘリゲルの願望により生まれたとする論文。ヘリゲルとナチズムについても。
「体得」-「出来る」-「知る」という運動スキルの獲得に対して、先に知ることの問題。
神田外語大学日本研究所紀要。2015年5月に開催された講演会の要旨
『常温核融合スキャンダル』を翻訳した渡辺正氏が2001年に書いた記事。
"食品衛生への意識や関心はかなりあり(中略)おいしいなら食肉を生でも食べるが、その場合は安心できる店で購入する"という層が気になる。その店は安全なのかどうか。
[edged weapon][歴史] 中国明代の日本刀輸入の歴史と剣術。
[martial arts] 千里金蘭大学紀要掲載の論文。用語の定義や情報源、サンプルなど課題のある研究ではあるが。
タイトルから想像される内容(というか文体)と違っていた。
『社会調査の公開データ 2次分析への招待』の編者の一人、石田浩氏の講演から。
西久保弘道『西久保氏武道訓』(1916年)より。剣道の稽古直後に湯水を飲むことを戒める文章。これがその後の運動の水分摂取禁止につながったかどうか。
[martial arts][edged weapon] 幕末の剣術変化の研究。窪田清音の弟子・戸田忠道・忠昭兄弟が使っていた刃引居合練習刀・木刀の写真・数値あり。全長140cm 刃渡り99cm 重ね2cm、重量6.3kgという練習刀の大きさが目を引く。
メモ。割烹着の起源について『赤堀学園100年史』から引用、解説がある(PDFファイル4-6ページ))。

11 0 0 0 OA 拳法図解

[martial arts][資料] 警視庁武術世話掛の久富鉄太郎による警官向け柔術指導書。

14 0 0 0 OA 沖縄拳法唐手術

[martial arts][資料] あの本部朝基による空手解説書。
ここで引用されている学校教育法関連の基礎知識もない人が、学校教育での体罰かどうかの判断や是非など語る資格はない。
食品の情報提供量(属性の数)によって消費者の選択行動にどう影響が生じるかを研究した論文。
サンタを幼児はどう認識しているか研究した論文。海外の先行研究にも触れている。
[都市伝説] マルハナバチは物理学的には飛べないという都市伝説を中心に、教育現場で都市伝説を扱う問題とその対策。
↓ありがとうございます/日本機械学会論文集から臺丸谷政志の衝撃工学による空手と日本刀の研究。
神戸金七氏による柳生新陰流解説続編の校訂版。元は江戸後期に書かれた試合型。
神戸金七氏による柳生新陰流解説の校訂版。
沖縄で問題になったEMを巡る言説について研究した論文。読み返して思い出したが前に違う職場だった時に読んだことがあった。
[資料] 包丁の形状・持ち方による筋肉の活動量の違いをみた実験。
[martial arts] 楊心流柔術の当身技の文献研究から。
[martial arts] インドネシアにおける武術指導から。技法・呼吸法の解説や身体イメージを伝える言葉について。
[edged weapon][資料] 銃刀法の解説及び居合などでの模擬刀の扱いについて。
[martial arts] 遠当ての術・分身の術が生理学や力学的観点から考えられるかを研究した論文。検証元の現象の把握も含めて物足りないが、興味深い部分もある。
首都圏の高学年児童を対象とした調査研究。ここで歩数は1982年、1994年の報告とほぼ同じ。栄養に間する諸変数と体力とに関連がみられないといった興味深い結果もある。
[図書館] 刑務所図書館というとこの論文を思い出す。
天然砥石(合砥)の表面特性(サブミクロンレベルの空隙と水の保持)と今後の人工砥石の応用へ。
[martial arts][資料] 定額アクセスで読了。鼻から吸って口から吐く呼吸法の生理効果の研究。ただしサンプルが少なすぎ。また、執筆者は超能力のビリーバーで、気の解釈は論拠に難あり。↑後で確認したらhttp://p.tl/JKeuで読めました。
[martial arts] 起倒流、渋川流など、近世柔術の伝書から思想・心理的記述・技術論・身体構造論における心身観を分析、解説。
大阪体育大学の剣道部監督にして剣道関係の論文の多いの神崎浩教授の論文。
本多式切れ味試験機は尾上卓生, 矢野宏『刃物のおはなし』でも紹介されている日本の刃物の切れ味試験の代表。
id:ublftboさん。ありがとうございます。もちろん空手と日本刀の力学・工学的な分野での数少ない研究者ですので知っております。何せこの領域は研究者が少ないので…。
[生物] 以前レファレンス質問の回答で使った論文。よく石灰質で硬いと言われているイラガの繭はシュウ酸カルシウムを含むも実際はタンパク質が硬さの元。
[トンデモ] 反左翼・国粋主義の松崎昇によるトンデモ農政論文。農地改革が社会主義を蔓延させたという主張ほか、つっこみ所満載。右のキーワードもおかしい。あんなキーワードが検索の役に立つか!
[トンデモ] 反左翼・国粋主義者の松崎昇のトンデモ財政論。
http://bit.ly/9wXOsiの後の実験。水分補給という観点による実験。炭酸飲料がイオン飲料水より高い脱水率を示す。
この実験ではよく言われているような炭酸飲料の悪影響は体温と血糖値に関しては見られなかった、と。しかし被験者7人か…。
大学で読んだ。画像から萌え因子を抽出、特徴量で評価して検索に活用する仕組み。検索でユーザの嗜好も表示され、自覚していない萌えを知らされることも。非オタ/オタに分けて評価したら面白そうだ。
[ホメオパシー] 自分達のジェンナー解釈を重視したホメオパシーの反種痘運動から、近代医療の発達に伴う変化まで。

2 0 0 0 OA 食物と健康

[トンデモ][食] 二木謙三のトンデモ食養生の本。緯度によって適した食品が違う等の主張はマクロビにも通じる。他にもつっこみ所が多く、id:doramaoさんにお勧め。