著者
山口 禎 佐藤 孝
出版者
神戸大学
雑誌
兵庫農科大學研究報告. 農学編 (ISSN:03676021)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.15-19, 1961

1959年と1960年の両年にわたつて, 深水処理が, 浮稲の生長に及ぼす影響について研究された, 用いられた品種はCo. 64(浮稲)と農林22号(日本の水稲品種)である。得られた結果は次の様である。1. 草丈は深水処理によつて, 浮稲も農林22号も著しく増加した(第1図)。水位増加期における草丈増加速度は, 農林22号では, 水位増加ペース(1日当り3cm)と殆んど同様(2.9cm)で, 浮稲では, 農林22号よりも早く4.3cm(1日当り)であつた(第1表)。更に, 浮稲の草丈が短日処理によつて著しく増加した事実は, 短日に対して日本稲と異なる反応を示すものとして興味深い。2. 深水処理は両品種とも葉数を1∿2葉増加し, 穂数を約1/2に減少した(第2表)。3. 深水処理開始期までに伸長していた葉身及び葉鞘は, 処理による影響が殆んどみとめられなかつたが, 深水処理開始後に伸長する葉身, 葉鞘は水位の増加とともに著しく伸長し, 水位の減少とともに伸長する葉身, 葉鞘は相対的に短かくなる(第2図)。即ち葉身, 特に葉鞘, 節間長は水位の増減と密接な関係を示した。4. 浮稲における普通栽培区の第14節間, 第15,16葉身, 第16,17葉鞘, 深水処理区の第15節間, 第17,18葉身, 第17,18葉鞘の伸長は, 短日条件下でおこるので(第2図), これらの変化が短日処理, 温度, 又は, 他の要因によるものかどうか今後明かにする必要がある。5. 主稈の穂長と頴花数の増加は, 深水処理による葉身, 葉鞘長の増加, 即ち, 同化面積の増加が, 穂に多くの養分を興えたのであろう(第2表)

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 浮稲に関する研究 1 : 深水処理が浮稲の生長に及ぼす影響(山口 禎ほか),1961 https://t.co/Fzwg3qj5Rl
こんな論文どうですか? 浮稲に関する研究 1 : 深水処理が浮稲の生長に及ぼす影響(山口 禎ほか),1961 https://t.co/Fzwg3qj5Rl
こんな論文どうですか? 浮稲に関する研究 1 : 深水処理が浮稲の生長に及ぼす影響(山口 禎ほか),1961 https://t.co/Fzwg3qj5Rl
1 1 https://t.co/VrRjZbPYRH https://t.co/oWO7Dycjq8
こんな論文どうですか? 浮稲に関する研究 1 : 深水処理が浮稲の生長に及ぼす影響(山口 禎ほか),1961 https://t.co/Fzwg3qj5Rl

収集済み URL リスト