言及状況

Twitter (20 users, 22 posts, 9 favorites)

とはいえ、希望の党が説明していたように内部留保課税は米国等では一定の条件下で実施されているようだ。日本でも特定同族会社に対してのみ実施され、訴訟も起こったが合憲判決が出ている。https://t.co/Efh5av9j2X留保金課税 https://t.co/P8sPFVJlNT
二重課税の問題はあるが、内部留保を活用できていない企業にも問題があるのではないだろうか?担税力もあるのに・・・趣旨は違うが特定同族会社の留保金課税も二重課税。留保金課税は長年の課題である。… https://t.co/nUQsFSeSp0
内部留保への課税が可能かどうかについては、ネットの情報よりも専門書を当たった方がよさそうです。米国では投資や分配の計画がなく必要もないのに利益を溜めている場合に課税されるようです。 https://t.co/VhCYWmdwgw
日米の留保金課税に関するわかりやすい論文。 日本同様、米国でも毎年の留保分に課税するわけで、小池代表が言ってる、留保金残高に課税すれば何兆円って馬鹿なのは、阿保すぎて話にならん。 「法人留保金課税制度の日米比較」 https://t.co/g8fQjZKFxn
アメリカの留保金課税制度からわが制度のあり方を探る https://t.co/GcVROdnlpg
石村(2013) 「法人留保金課税制度の日米比較~アメリカの留保金課税制度からわが制度のあり方を探る」 https://t.co/OyTrtf2rPM #経済論文
留保金課税は同族会社には適用されていた気がするし、少し前に留保金課税案も検討されている話は聞いたことある。ただ、日本と海外ではある程度差があるようね。↓全部読んでないけど。 https://t.co/5HRIfpjREf
内部留保課税、主義思想じゃなく専門的な話に基づくべきだなhttps://t.co/AwPY7tgcOO
@brainhosh @hashimoto_lo 留保金課税が二重課税かどうかは、議論があるところのようです。https://t.co/HpKGU2o2eG その根底には、利益剰余金は株主に還元されるべき、そして配当なら課税対象に… https://t.co/dK7Jlb8RwK
需要者からお金を取る消費税を辞め、供給者の余剰資本である内部留保に課税するべきだ。アメリカでは課税している。 法人留保金課税制度の日米比較 https://t.co/rCXJ169Ulj
しかし、むしろ、法人税収を犠牲にするのではなく、内部留保に適切な課税することで投資を促すのが正道ではないか。https://t.co/ofBDqg66Gt
法人留保金課税制度の日米比較 https://t.co/ofBDqg66Gt その一方で、欧米の法人企業に比べて日本の大規模法人企業は、個人株 主軽視傾向が著しく配当性向が低いことは周知のところである。総還元性 向ベースで日米企業の差は2倍以上の開きがある。
@okamoto547 米国は内部留保への課税は既にしているそうです。 法人留保金課税制度の日米比較 https://t.co/wwszpiZdUZ
留保金税という制度を始めて知った。 https://t.co/q9YRUj6rTq https://t.co/20SivLyub7

収集済み URL リスト