著者
福永 聖子 片山 徹也 庄山 茂子
出版者
人間-生活環境系学会
雑誌
人間と生活環境 (ISSN:13407694)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.25-34, 2014-05

同一の料理工程画面を用いて、異なるフォントや配置のテロップを作成し、女子大生を対象に可読性やおいしさ感にどのような違いがみられるか検討した。料理名と材料名のテロップを5種類のフォントで組み合わせた25画面の印象では、「可読性」ではゴシック体、「料理に調和している」では行書体と楷書体の画面の評価が高かった。料理画面に「最もふさわしいフォント」では楷書体が選ばれた。このことから、可読性より和食の料理に調和するフォントが重視されたことが明らかとなった。さらに、楷書体を用いて、料理名と材料名の配置を変えた32画面の印象評価では、料理画面に「最もふさわしいテロップの配置」は、左上に料理名、右下に材料名であった。テレビ番組のテロップにおいては、視聴者の視線が左上から右下へ移動していると考えられた。また、テロップを黙読し終える平均時間には32画面間に有意差はみられなかった。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  異なるフォントと配置のテロップを用いた和食の料理工程画面の印象評価 https://t.co/dtbcX1kXci #CiNii
@tsubame_pad CiNii 論文 - 異なるフォントと配置のテロップを用いた和食の料理工程画面の印象評価 https://t.co/DH7t7l4AmF #CiNii こっちは無料で見られる。料理画面に相応しいフォントの研究だけど映画とかの字幕に応用出来るはず
フォントガチ勢はこういう論文読んで勉強してるからなぁhttp://t.co/huQgjPyRxU

収集済み URL リスト