著者
内田 智子
出版者
日本語学会
雑誌
日本語の研究 (ISSN:13495119)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3, pp.1-15, 2015-07-01

本稿は、蘭学資料に見られる「アルファベット表記の五十音図」の特徴とその掲載目的を考察するとともに、蘭学者がこの音図に基づいて行った音声分析について述べたものである。蘭学資料の音図は、従来日本語をアルファベット表記したものという程度の認識であったが、本稿では、蘭学学習においてこの音図が「音節」の概念を理解するために重要な役割を果たしたことを示した。また、蘭学者中野柳圃がこの音図によって行った音声分析を国学者の記述と比較した。当時の国学者がワ行音を「ア行音+ア行音」「喉音」と捉えていたのに対し、柳圃はアルファベットと音図によって「子音+母音」「唇音」という結論を導き出したことを指摘した。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 17 posts, 2 favorites)

蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR
Goju-onzu and Sound Analyses by Rangaku-sha https://t.co/bdSg52F9gS
蘭学者の音声分析と五十音図 https://t.co/2LUkCzr0rR

収集済み URL リスト