≅ (@oikairomeus)

投稿一覧(最新100件)

なるほど。天道説が優勢なのか。 vid. https://t.co/F0AQHa10vw
RT @tanichu: かなり明確に「記号接地問題」という問題設定自体を叩きに入ったのは2016年に和文で「人工知能」に寄稿したこの解説記事あたりかな。まぁ、この時の特集と新刊は経緯として繋がっているけど >記号創発問題 : 記号創発ロボティクスによる記号接地問題の本質的解決…
RT @oikairomeus: 記号接地問題というよりは、確かに記号創発問題というほうが、しっくりくる。しかし、記号創発問題という用語は2006年前後に提唱されてはいるものの、それほど認識されているわけではなさそう。 vid. https://t.co/9XnWrPqRu2…
RT @BungakuReportRS: 国文学者が英語で論文を書く日 ──文学研究の国際化はなぜ必要なのか, どのように可能になるのか? 沼野 充義 https://t.co/p7jFJCuGPm

18 0 0 0 Middle Egyptian

RT @Egy_Linguistics: 中エジプト語文法の必須書です。刊行から3年が経っている のですが、日本の大学図書館での所蔵は、駒澤大、筑波大、東京大学の3機関のみとなっています。もっと普及してほしい良書です。 Middle Egyptian Beylage, Pet…
1964年の論文。「あたりまえじゃん」というような内容だけど、これが1964年に発表されたということをどう捉えるか。 vid. ろう者のSpeech ReadingとSign Readingの能力 https://t.co/S6sbw6uDk0 #CiNii
言語学においても、いずれは非決定論的視座による分析も一領域になるものと思われる。 vid. 言語の量子論的側面と自然言語処理 https://t.co/vhIPpjl6vs 引用「自然言語処理の分野において、言葉を捉える際に決定論的のみならず, 時には量子論のような非決定論的な考え方も重要ではないか」
圏論に着想を得たモデル化の試みとは、どのようなものなのだろうと思ったけれど、なかなか参考になる紀要論文。 vid. https://t.co/BBcyNDkdhW
声調言語とピッチ・アクセント言語は何が違うのかという疑問に多少は答えてくれる解説記事。 vid. https://t.co/XeKWGRtFnn
RT @tanichu: かなり明確に「記号接地問題」という問題設定自体を叩きに入ったのは2016年に和文で「人工知能」に寄稿したこの解説記事あたりかな。まぁ、この時の特集と新刊は経緯として繋がっているけど >記号創発問題 : 記号創発ロボティクスによる記号接地問題の本質的解決…
記号接地問題というよりは、確かに記号創発問題というほうが、しっくりくる。しかし、記号創発問題という用語は2006年前後に提唱されてはいるものの、それほど認識されているわけではなさそう。 vid. https://t.co/9XnWrPqRu2 #CiNii
@k__oikawa なお、古代、中世、近世にいたる「啞」の訓読みの変容については、下記の自慰記録にて妄想をたくましくしております。 vid. 「聾啞方言地図」の布置 : 聾啞方言群における音韻変化と概念編制 https://t.co/9v3r8FaKZn
vid. セミオーシス:記号過程がかもしだす知覚世界の動的複雑系 https://t.co/14sfgwRR3c
明らかに gift authorship と見受けられるものに対しては、どのように対応すべきか…。 vid. オーサーシップの考えを変える時だ https://t.co/G2kFaMhnQM
なかなかおもしろい。 vid. 越境集団としてのンガイ人:ベトナム漢族をめぐる一考察 https://t.co/ogdBAcE9T6 #CiNii
なお、紀伊藩の『御用控之帳』にみえる唖者や手真似・身ぶりに関する調査は下記の記事にまとめられている。 vid. 『御用控之帳』にみられる仕方関連語彙 https://t.co/yjSp1HZpc2
手話口型は「潜性意図(nyuance)」と「抑揚(intonation)」の二重性を多分にはらんでおり、受け手の主観に左右される。手話口型に関する数多のtweetsはそのあたりが混同されている。 vid. 言語ニュアンスと文化的背景 : 心情を表す形容詞の伝達の壁 https://t.co/Frze9ysY8k #CiNii
なかなか読ませる紀要論文。日本手話にみる音訳語の歴史はどこまで遡れるのかというあたりは、けっこう意見が分かれそう。でも江戸時代中期の『山椒大夫五人嬢』にみる〈目出度い〉は日本手話(ないし手指日本語)にみる音訳語とも言えるし。 vid. 音訳語「珈琲」の歴史 https://t.co/BMfuq71zoP
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
RT @gishigaku: @hajime_kuri @the_thingX 1970年に長野県在住の在野の考古学者・藤森栄一が『縄文農耕』という本を著していますが、藤森先生は主に雑穀やイモ類を想定していたんですよね。その後、クリに注目する議論も出ていたんですが三内丸山遺跡は…
おもしろそう。武漢肺炎感染問題さえなければ、明日にでも国会図書館に行くんだけど。支那共産党め… vid. 秋田県米代川流域における縄文時代の人口現象と土坑儀礼の変化 : 圏論に着想を得たモデル化の試み https://t.co/BBcyNDkdhW #CiNii
vid. CiNii 論文 -  鏡の国のアリストテレス--左右逆転の謎に挑む https://t.co/Fw7bBrSEek #CiNii

23 0 0 0 OA 韻書と等韻図 1

RT @Magnezone462: @Dementi_ut ある程度以上に本格的でよければ https://t.co/KQBqB9GwI7 か https://t.co/IDeyl6eNrL をオンラインかつ無料で見られるのでオススメします。 あと私が(雑に)書いたものでよけ…
RT @ueyamakzk: https://t.co/yfHMvAcVcb この英文記事中で「shared psychosis」とあるのは、 フォリアドゥ(Folie à deux)と呼ばれるこれですね→ https://t.co/q0B2gL9OOB Wikipedia…

1 0 0 0 OA 教育辞林

RT @oikairomeus: https://t.co/VI2nXKBUKz 「手語法」という訳語が載っている。明治14年…文部省が出した本に載っているのに、「手語」という語は定着しなかったんだねぇ…。
おもしろそう。 聾原理主義者も「聾」という概念の変遷に関する歴史言語学的論文を書けばいいのに…。 vid.  「痴呆」と「認知症」について (特集 一つ一つの精神疾患の病名や概念はどう変わってきたか) https://t.co/Yc6DrfhEDy
vid. 暗黙の性格理論と人物のカテゴリー化について 概念研究と対人認知研究との融合 https://t.co/ilXtT6Uyms
vid. 概念の認知研究の動向 : Back to the Feature https://t.co/IbIzdkBV4t
『小右記』【病瘂】を含む文の現代語訳 https://t.co/uoKkrZ01gj
RT @oikairomeus: おもしろい。 vid. 日本における翻訳実践の淵源をめぐる系譜学的考察 https://t.co/JUQUTiq8Hi
RT @oikairomeus: CiNii 論文 -  表情認知と体現的シミュレーション https://t.co/koBYiLT0wb #CiNii
RT @oikairomeus: CiNii 論文 -  同性他者の感情推定における体現的シミュレーションの選択性 https://t.co/nBfmtBvUkw #CiNii
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
@Lotus_ibaraki なお、『手話学研究』第28巻第2号所収記事は無料閲覧が可能ですので、お手隙の折にご高覧のほどお願い申し上げます。 https://t.co/1rbRweQpgk https://t.co/yjSp1HZpc2 https://t.co/jtEcYyF1B9 https://t.co/41BwJxDXys https://t.co/Ww9SM0qGzy https://t.co/dCVfvevQKO https://t.co/6SuDlC5TuN
この紀要論文、めっちゃおもろいわ。 vid. 仮名はなぜ清濁を書き分けなかったか (川村晃生教授退任記念論文集) https://t.co/3rzy68CSLA #CiNii
これ! This is it! This is the one! This is what I was looking for. vid. ジャック・ラカンにおける「無からの創造」と〈もの〉 : ハイデガーとジルソンの議論との比較から https://t.co/lk62TSJmCV
vid. 基調講演 日本的意識と日本神話 : ユング心理学で読むイザナギ神話 (日本仏教心理学会 第9回学術大会) https://t.co/pC3ZXPkDK4 #CiNii
おもしろい。 vid. 日本における翻訳実践の淵源をめぐる系譜学的考察 https://t.co/JUQUTiq8Hi
vid. それはなぜラカンによらなければ説明できないのか? : 神経症と精神病 (特集 私を変えた症例) https://t.co/tsxNTxmYTG
引用:この「ゆらぎ」はいまなお続いている。外来の漢字・漢文が隅々にまで浸透し、日本語の「本来語」と分かちがたく共存している日本語という言語がある限り、この不安定な宙吊りの状態が解消することはないだろう。 vid. 漢文訓読とは何か ー翻訳論と比較文化論の視点から https://t.co/2rLluYv98o
RT @nekonoizumi: 森本あんり先生の論文を読んでいる人にはおなじみかもしれないけど、一般書でここまで扱われるとは。 ロジャー・ウィリアムズの孤独:規制原理としての分離主義と構成原理としての許容主義 https://t.co/4kUJv5XLpT 中世的寛容論から…
RT @nekonoizumi: 森本あんり先生の論文を読んでいる人にはおなじみかもしれないけど、一般書でここまで扱われるとは。 ロジャー・ウィリアムズの孤独:規制原理としての分離主義と構成原理としての許容主義 https://t.co/4kUJv5XLpT 中世的寛容論から…
たいへん読ませる紀要論文。「唖不能語」という行(くだり)をどう解釈するかという視座における論点がみごとに整理されている。 vid. 漢文訓読とは何か ー翻訳論と比較文化論の視点から https://t.co/2rLluYv98o #CiNii
vid. CiNii 論文 -  写し・似せ・よそおうものの現象論(<特集>文学における「模倣」) https://t.co/Zvr4NWUunZ #CiNii
vid. CiNii 論文 -  《偽》 の可能性--真理論としての『存在と時間』 (日本現象学会・第19回研究会の報告 シンポジウム,現象学的方法の可能性と人間の科学) https://t.co/L6aiv5SVxc #CiNii
思い出した。この論文は Lacan 言説を用いて、ホムチワケ説話を分析している。ただ「瘖」現象に関する言及はあまりない。 vid. CiNii 論文 -  境界領域で<私>が形成される物語としての古事記中巻(Ⅲ) -垂仁記:異なる存在を認めるための言を拓く<私>の誕生- https://t.co/SwEUjlTKik #CiNii
vid. CiNii 論文 -  昔話にみる水のイメージ https://t.co/BSRHZi0KuD #CiNii
vid. CiNii 論文 -  書評 三宅和朗著『古代の人々の心性と環境 : 異界・境界・現世』 https://t.co/pvQjog0ofS #CiNii
vid. CiNii 論文 -  境界としての「坂」 : 神話的空間からの脱却 https://t.co/NiQmJRDsVf #CiNii
vid. CiNii 論文 -  異界からの帰還 : 神話・ファンタジーから考える https://t.co/yOxUNlB1Cn #CiNii
『アジア遊学』2019年版を買ったほうが早そう。 vid. CiNii 論文 -  「耳」「声」「霊」 : 無意識的記憶と魂の連鎖について (この世のキワ : 〈自然〉の内と外) -- (音 : 聞こえてくる異界) https://t.co/AF1OSXDS52 #CiNii
これは… 読まなければ。 vid. CiNii 論文 -  「異界」としての吃音学院 あるいは「幻想」としての吃音 : 小島信夫「吃音学院」をめぐって https://t.co/6ihA76CuS6 #CiNii
@M_switar 上記の英和辞典にみる [Dumb] の項もなかなかおもしろいです。明治時代初期に「啞」と「瘂」がどのように使い分けられていたのか、位相を整理するのも今後の課題なのかも…。麿はもう聾唖語彙史に対する意欲が薄れていますゆえ…若きヲシツンボに委ねたく…ガクッ。 vid. https://t.co/ZdZSHkX62x
@M_switar 明治6年刊行『英和字彙 : 附音插図』の [Deaf-Mute] にも「唖聾オシツンボ」がみえます。 vid. https://t.co/LYUna1eE3t もっとも「聾唖ろうあ」は織豊時代の『日葡辞典』に載録されています。
vid. 社会福祉における影元型と障害者元型 https://t.co/qa2zlGwyN5 #CiNii
vid. ロラン・バルトの記号論的分類活動における「混合」の実践 https://t.co/0zPhUl9P1a #CiNii

2 0 0 0 OA 五代五兵衛

@wakan3 僭越の至りではありますが、若林さんは「私立大阪盲唖学校・慈善音楽諸芸大会にみる手勢唱歌」を手話歌の歴史にどのように位置づけておられるのでしょうか。 vid. https://t.co/d9XaxPwVoF

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(10ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(896ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @terazzo: 剥きやすいやつを自家受粉させれば100%じゃん、って思ったけど、栗は自家不結実性高めらしくそう簡単ではないッポイ。>花粉遮断試験によるクリ品種間における自家結実性の評価とSSRマーカーを用いた自家結実実生の遺伝解析 https://t.co/Vq5Nn…
後半が一部わちゃっとしてるけど、けっこうおもしろい予稿なんじゃないかと思う。https://t.co/ukmF6yEIPM
RT @jack19998: 原爆の記憶と観音像 ―広島・長崎の公園の事例から― 君島 彩子 https://t.co/KMpP0OLc5c https://t.co/dekFyGKY96
RT @jack19998: 原爆の記憶と観音像 ―広島・長崎の公園の事例から― 君島 彩子 https://t.co/KMpP0OLc5c https://t.co/dekFyGKY96
宮下芳明 Homei Miyashita  @ HomeiMiyashita  発想の斬新さがまずスゴすぎる。こんなこと、考えたこともなかったわぁ… →  「角膜反射を利用したスマートフォンの把持姿勢推定」  https://t.co/mEQOOwPfqG  #entcomp2021  ◆ アフォーダンス  Bluetooth Xiaomi 電気自動車 自動運転
RT @coco_forza: インターネットPCITに関する日本語初の総説が、無料公開さています。専門家はもちろん、PCITに関心を持つ一般の方も是非ご覧ください! コロナ禍における子育て支援―インターネット親子相互交流療法(Internet-delivered Paren…

28 27 27 0 OA 新文典別記

RT @yhkondo: 『現代文解釈の基礎』の話だが、なぜあの本ができたかを考えると、日本語研究者が、教育に深く関与していた時代の名残だったという見方もあると思う。いわゆる橋本文法も単行の研究書としては存在していない。『新文典別記 上級用』という教師用指導書が一番の原典である…
『SHARAKU』を著したドイツのクルトが考証ミスで写楽の活動の時系列を逆に捉えていたことは知られているんですが、細々と根拠を挙げているおかげで考証ミスが発生した道筋は辿り易いのですよ。 一方、日本のTV局は根拠を示さずに断定的にデマを流した。 https://t.co/xQsrNjPuZy
とりあえずこういうのかしら。語順規則でいいのかはわからんがまあやってみるか。…語順規則は良い線いってるのかな? https://t.co/j1Dqwjv0NI