著者
熊谷 嘉隆
出版者
公立大学法人 国際教養大学 アジア地域研究連携機構
雑誌
国際教養大学 アジア地域研究連携機構研究紀要 (ISSN:21895554)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.1-8, 2016

秋田県内には集落単位で数多くの民俗芸能が継承されている。各民俗芸能は集落の歴史や誇りが凝縮されており、加えて集落の絆を深める極めて重要な行事でもある。一方で、それら民俗芸能の多くは後継者・資金不足、集落内外での興味の低下等からその存続が危機に瀕しているものが少なくない。平成5 年に秋田県教育委員会が実施した「秋田県民俗芸能緊急調査」では315 件の民俗芸能が把握されたが、本調査(平成22〜24年実施)で確認できたのは275 件であった。つまり過去19 年間で38 件(毎年2件)のペースで県内から民俗芸能が消滅していることになる。また、民俗芸能によっては今後数年以内に消滅を免れないであろうものも散見され、各集落はその存続に懸念を抱いているが有効な対策が講じられないまま現在に至っている。一方でいくつかの民俗芸能保存団体では従来にない取り組みによって存続を図ろうとする動きも見られ、今後は「存続と消滅」の二極化が進むと思われる。本稿では平成22年度から3 年間、文化庁の「地域伝統文化総合活性化事業」により実施した秋田県内の民俗芸能調査を踏まえ、そこから浮かび上がってきた現状・課題、そして今後について検証する。

言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

秋田県で過去に行われていたが、現在は消滅した祭り・民俗芸能について知りたい。

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

平成5 年「秋田県民俗芸能緊急調査」で把握された民俗芸能は 315 件、本調査(平成 22 〜 24 年実施)で確認できたのは 275件 。過去 19 年間で 38 件(毎年 2 件)の ペースで県内から民俗芸能が消滅していることになるそうです… 出典 熊谷 嘉隆 https://t.co/tv5qySEStg

収集済み URL リスト