著者
江頭 満正
出版者
尚美学園大学
雑誌
尚美学園大学芸術情報研究 (ISSN:18825370)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.1-16, 2016-03-31

日本では年間150以上のロックフェスティバルが開催され、 数日の開催期間で多くの観客を集め、 地域活性化にも、 ビジネス面でも成功する傾向にある。 本研究では、 2つのタイプのロックフェスティバルの違いを、 経済波及効果の視点で分析した。 郊外型の事例として 「MONSTER baSH2015」、 都市型の事例として 「VIVA LA ROCK2015」 の経済波及効果を算出。 その結果から、 地域に与える影響を考察し、 郊外型がより高額であることを明らかにし、 観客の来場意図へも言及した。

言及状況

Twitter (8 users, 9 posts, 4 favorites)

最近のはこっちかな。おもしろそう。 CiNii 論文 - ロックフェスティバルの経済波及効果比較 : VIVA LA ROCK2015とMONSTER baSH2015を事例に https://t.co/GUk0rOSby2 #CiNii
こんな論文どうですか? ロックフェスティバルの経済波及効果比較 : VIVA LA ROCK2015とMONSTER baSH2015を事例に(江頭 満正),2016 https://t.co/UhdxaJPead
@aiko_330 ぜひ読んでみてください!
こんな論文どうですか? ロックフェスティバルの経済波及効果比較 : VIVA LA ROCK2015とMONSTER baSH2015を事例に(江頭 満正),2016 https://t.co/UhdxaJPead
基礎ゼミの為にCiNii漁ってたらビバラとモンバス比較してる論文公開されててわろたhttps://t.co/Wyy9WEX263

収集済み URL リスト