著者
瀬川 裕司
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.474, pp.1-26, 2011-09

よく知られているように,『麗しのサブリナ』(Sabrina, 1954)は『ローマの休日』(Roman Holiday, 1953)でアカデミー主演女優賞に輝き,世界的アイドルとなったばかりのオードリー・ヘプバーンを主役に据えたシンデレラ・ストーリーであり,ロマンティック・コメディーの傑作である。ヘプバーン演じるヒロインは,アメリカの大財閥ララビー家の運転手のひとり娘,サブリナ(実際の発音は「リー」にアクセントを置く「サブリーナ」)だ。彼女は幼いころからララビー家の次男,プレイボーイのデイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に思いを寄せていたが,その思いを告白することすらできなかった。しかし,パリでの料理修業を経て別人のように洗練された姿で帰ってきたサブリナに,デイヴィッドは夢中になる。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? ビリー・ワイルダーの映画(2)(瀬川 裕司),2011 https://t.co/TKYoFaxbbY よく知られているように,『麗しのサブリナ』(Sabrina, 1954)は『ローマの休日』…
こんな論文どうですか? ビリー・ワイルダーの映画(2)(瀬川 裕司),2011 https://t.co/TKYoFaxbbY よく知られているように,『麗しのサブリナ』(Sabrina, 1954)は『ローマの休日』…
こんな論文どうですか? ビリー・ワイルダーの映画(2)(瀬川 裕司),2011 http://t.co/TKYoFaxbbY よく知られているように,『麗しのサブリナ』(Sabrina, 1954)は『ローマの休日』…

収集済み URL リスト