著者
川口 啓太
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.490, pp.27-72, 2013-01

すべての人たちがスポーツを楽しむ権利を認めた「スポーツ基本法」が,2011年(平成23)6月に成立した。学校教育などを通してスポーツの普及・振興を目指してきた「スポーツ振興法」の制定から50年目の全面改正であった。これまで競技スポーツに比重が置かれていた政策が,今回の基本法では「地域スポーツ」も重視されている。スポーツの推進を国の責務とし,国や地方自治体からの財政確保にも触れた内容でスポーツの転換期を実感する。しかし,1990年代のバブル経済崩壊の後遺症と2008年(平成20)秋の金融危機に端を発した経済不況は「失われた20年」とも言われ,今日もなお日本のスポーツに様々な形で影響を与えている。学校スポーツと共に日本のスポーツを支え築き上げてきた企業スポーツへの影響は特に大きく,この20年間に「200チーム以上の有力クラブが休・廃部した」とも言われている。
著者
徳田 武
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.392, pp.33-83, 2005-03
著者
瀬川 裕司
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.369, pp.29-71, 2003-03

1920年代後半、オーストリアは不穏な空気に包まれていた。<赤いウィーン>といわれていた首都にかぎっていえば、巨大住居が計画的に建設されて住宅問題の解決に著しい進展があり、医療・教育施設も改善されて乳幼児の死亡率が大幅に低下するなど好ましい面も見られたが、27年ごろから反社会主義を掲げる<護国団>と社会主義を支持する<防衛同盟>というふたつの私設軍隊がたがいに勢力を拡大し、市街地で衝突を繰り返すようになっていた。衝突は多くの場合、前者が後者を挑発・襲撃するというかたちで始まり、特に後者の側に多くの死傷者が出ていたが、<護国団>が裁判所から厳しい処分を受けることはほとんどなかった。27年7月には、そういった<護国団>の殺人容疑者に対して無罪判決が下されたことに激怒した労働者が暴徒化し、鎮圧しようとした警官隊が発砲したために百人近い死者が出るという事件も起こった。
著者
瀬川 裕司
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.474, pp.1-26, 2011-09

よく知られているように,『麗しのサブリナ』(Sabrina, 1954)は『ローマの休日』(Roman Holiday, 1953)でアカデミー主演女優賞に輝き,世界的アイドルとなったばかりのオードリー・ヘプバーンを主役に据えたシンデレラ・ストーリーであり,ロマンティック・コメディーの傑作である。ヘプバーン演じるヒロインは,アメリカの大財閥ララビー家の運転手のひとり娘,サブリナ(実際の発音は「リー」にアクセントを置く「サブリーナ」)だ。彼女は幼いころからララビー家の次男,プレイボーイのデイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に思いを寄せていたが,その思いを告白することすらできなかった。しかし,パリでの料理修業を経て別人のように洗練された姿で帰ってきたサブリナに,デイヴィッドは夢中になる。
著者
大島 田人 八角 真
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.108, pp.p98-173, 1977

大正四年一月の「中央公論」に発表された鷗外の「山椒大夫」は、「歴史其儘と歴史離れ」(大4・1「心の花」)に紹介されている伝説の梗概から推して、寛文版の古浄璃瑠説経節「さんせう太夫」の流布本あたりを一応の下敷にしたものと思われる。地理的にも岩代-直江津・高田-丹後由良-佐渡、更には遠く津軽のイタコの語る「お岩木様一代記」、また大阪の天王寺、或は京都東山の清水寺、東京では杉並区方南町の「東運寺」(通称「釜寺」)と、広域に亘って分布され、刊本も四十指に余り、絵本に至っては三百四十種を数えるという、口碑伝説の常として、様々なかたちをとって継承されて来たこの長者物語が説教節に載せられる以前、つまり平安期の、いつ頃、何処で、元々何を拠り所として、どんな話として発生したものやら、民俗学の分野からも既に彼此考証されていながら、未だに結論は出ていない。
著者
瀬川 裕司
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.451, pp.45-57, 2010-01

皆川博子『伯林蠟人形館』(文藝春秋、2006年、以下で引用をおこなう場合は頁数のみを記す)は、<1920年代のドイツ>にフォーカスを当てて書かれた長編である。直木賞作家であり、多彩なミステリー小説を執筆してきたことで知られる皆川は、ナチ時代前後のドイツおよび周辺諸国で物語が展開される耽美的な作品群を断続的に発表しており、『伯林蠟人形館』は、ドイツ南部にある<アーリア人の純潔を守ること>を目的に掲げた産院での悲劇をテーマとする『死の泉』(早川書房、1997)、ナチの幹部養成学校<ナポラ>で学んだ少年たちがたどる過酷な運命を鮮やかに描き分ける『総統の子ら』(集英社、2003)、シュレージェン地方にある僧院での人体実験とワルシャワでの少女監禁劇を中心とする狂気のドラマ『薔薇密室』(講談社、2004)に続く第四作目となる。
著者
久松 健一
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.408, pp.73-103, 2006-03
著者
辻 昌宏
出版者
明治大学教養論集刊行会
雑誌
明治大学教養論集 (ISSN:03896005)
巻号頁・発行日
no.505, pp.17-34, 2015-03