著者
石谷 誓子
出版者
慶應義塾経済学会
雑誌
三田学会雑誌 (ISSN:00266760)
巻号頁・発行日
vol.99, no.3, pp.435(83)-453(101), 2006-10

日本における結核蔓延状況がスペイン風邪の死亡に影響を与えたのかを検討した。その結果, 死亡率に関してスペイン風邪の流行前後では関連がみられず, その流行期間のみインフルエンザと結核, 工場, 職工との間に関連があった。さらに女性が男性より幅広い年齢層でインフルエンザと結核との関連があった。これは, 既存の結核蔓延状況下でのスペイン風邪流行という危機によって死亡率増加の一端を説明できる可能性があることを示した。This study considers whether the conditions associated with the spread of tuberculosis in Japan influenced the deaths from the Spanish flu. To that end, a relationship with mortality rates before and after the epidemic of Spanish flu cannot be shown, and in the period of this epidemic only, a relationship exists between influenza and tuberculosis, factories, and factory workers. In addition, a relationship exists between influenza and tuberculosis in a wider age bracket for women than men. This suggests that a possibility exists of partially explaining the increase in mortality rates due to the crisis of the Spanish flu epidemic under conditions where tuberculosis prevailed.小特集 : 「人体計測・市場・疾病の社会経済史 : ユーラシア大陸とアメリカ大陸」(2006年度慶應国際ワークショップ)

言及状況

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

日本におけるスペイン風邪の流行と既存の結核との関連 https://t.co/lY7nKeKFA8  スペイン風邪はなぜ若者を多く死なせたか? 当時は結核が流行っており、結核は主に若者に多かった。これが既往症となってスペイン風邪により命を落としたのではないか
CiNii 論文 -  日本におけるスペイン風邪の流行と既存の結核との関連 https://t.co/BeKUXbXpIw #CiNii

収集済み URL リスト