著者
箕輪 憲吾 Kengo MINOWA
出版者
長崎国際大学
雑誌
長崎国際大学論叢 (ISSN:13464094)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.33-43, 2009

本研究の目的は、九州大学女子バレーボールリーグ戦を対象として、リーグ戦の成績に影響を与えている要因を明らかにすることであった。研究対象は、2003年度に行われた春季九州大学女子バレーボール2部リーグ戦5試合、10セットと2003年度秋季九州大学女子バレーボール1部リーグ戦7試合、27セットであり、すべて NK チームとの試合であった。本研究では、1部リーグの上位グループと下位グループおよび2部リーグに分類して分析を行った。主な結果は以下の通りである。1)リーグ戦のレベル差については、1部リーグ下位グループ(TL-LG)と2部リーグ(SL)のレベル差の方が1部リーグの上位グループ(TL-HG)と下位グループ(TL-LG)の差と比較して大きいことが明らかになった。2)リーグの成績によってサイドアウト能力とサービスキープ能力にレベル差があることが明らかになった。3)1部リーグの上位グループ(TL-HG)と下位グループ(TL-LG)の差は、攻撃力よりも守備力にあることが明らかになった。4)1部リーグの下位グループ(TL-LG)と2部リーグ(SL)の差はトランジッションよりもサーブレシーブからの攻撃の方が大きいことが明らかになった。The purpose of this study was to clarify factors that affected the results of the games in Kyushu University Women's Volleyball League. Samples were taken to observe from 10 sets of 5 games in the 2003 Spring Kyushu University Women's Volleyball Second League, and 27 sets of 7 games in the 2003 Fall Kyushu University Women's Volleyball Top League,all of which were fought against the NK University women's volleyball team. In this study, I classified them into the higher group(TL-HG)and the lower group(TL-LG)of the top league, and the second league(SL)group in analysis. Main findings were as follows:1)It was clarified that the level difference between the TL-LG teams and SL teams was larger than that between the TL-HG teams and TL-LG teams. 2)It was clarified that there were level difference in the side-out ability and the service-keep ability by the results of the league. 3)It was clarified that, between the TL-HG teams and TL-LG teams, there was more difference in defensive skill than in attack power. 4)It was clarified that, between the TL-LG teams and SL teams, there was more difference in service-reception attack than in transition attack.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 大学女子バレーボールリーグの成績に影響を与える要因に関する研究(箕輪 憲吾ほか),2009 https://t.co/Q5iomjYSI0
1 1 https://t.co/bhUos1exxA
こんな論文どうですか? 大学女子バレーボールリーグの成績に影響を与える要因に関する研究(箕輪 憲吾ほか),2009 https://t.co/RJJuifQFes

収集済み URL リスト