著者
門松 秀樹
出版者
慶應義塾大学法学研究会
雑誌
法學研究 : 法律・政治・社会 (ISSN:03890538)
巻号頁・発行日
vol.82, no.2, pp.439-459, 2009-02

一 はじめに二 朝臣身分の付与三 朝臣の処遇四 朝臣身分付与の意義五 おわりに

言及状況

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

門松秀樹「明治維新期における朝臣に関する考察」(『法学研究:法律・政治・社会』82-2、2009年)は、明治元年に政府が旧幕臣たちの一部に「朝臣」身分を付与したことは、旧幕臣たちの反政府活動を抑制する意味合いがあったと指摘。 https://t.co/UqSKANmjMA

収集済み URL リスト