著者
Baskind James
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 (ISSN:09150900)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.125-161, 2008-03

ラフカディオ・ハーン、小泉八雲(一八五〇-一九〇四)が、広範囲に亘って、日本の紹介と理解に大いに貢献した人であることは誰もが認めるだろう。しかし、ハーンの影響は民俗学や昔話に限られているわけではない。ハーンには日本の宗教や信仰、精神生活についての深みのある分析も非常に多くあり、宗教関係のテーマが、ハーンの全集の大半を占めているといってよい。それゆえ、今日、ハーンは西洋人に日本文化や仏教を紹介した解釈者としても知られている。そして同時にハーバート・スペンサーの解釈者でもあり、多くの仏教についての論述中にはスペンサーの思想と十九世紀の科学思想と仏教思想とを比較しながら、共通点を引き出している。ハーンにとっては、仏教と科学(進化論思想)は相互排他的なものではなかった。むしろ、科学的な枠組を通じて仏教が解釈できると同時に、仏教的な枠組で進化論の基本的な思想がより簡単に理解できると信じていた。この二つの思想形を結びつけるのが、業、因果応報、そして輪廻思想である。ハーンが作り上げた科学哲学と宗教心との融合は、ただハーン自身の精神的安心のためだけではなく、東西文明の衝突による傷を癒すためにもあった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 11 posts, 46 favorites)

CiNii 論文 -  ラフカディオ・ハーンの仏教観--十九世紀科学思想との一致論を中心として https://t.co/Q3wCxP1w2J #CiNii 私のToDoリストはある意味 悲惨です。 もう、コロナでどうせぼっちだし、と思いつつ、溜まっていくリストにため息です。 杖にしちゃいけないんだ!32436
@shiro_sano ところで、先日たまたま「ラフカディオ・ハーンの仏教観」という論文を見つけて保存していました。 すでにご存知の可能性が高いですが、ご紹介します。 https://t.co/PvQjkqSbHP

収集済み URL リスト