著者
姜 鶯燕
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 (ISSN:09150900)
巻号頁・発行日
vol.37, pp.163-200, 2008-03

本稿は、須藤由蔵の手記である『藤岡屋日記』を素材に武士身分の売買と思われる事例を抽出し、近世中後期における武士身分の売買の実態について検討したものである。『藤岡屋日記』の中で十七の武士株の売買の事例が見つかった。分析の結果を下記のようにまとめる。 ① 全ての事例は御家人株の売買であったが、売買の対象となった御家人の役職が多彩であった。御家人の家筋をみると、「御抱席」の御家人もいれば、「御譜代准席」と「御譜代席」の御家人も少なくなかった。 ② 株の売買は密かに行われているように思われるが、実際に、家来に御家人株を買い与えた幕臣もいた。 ③ 御家人株の売買は庶民が武士になる手段として認識されているが、実際に、武家の二男以下の男子や武士身分を失った武士が武士層に戻る手段として御家人株を利用した。 ④ 身分を売った元御家人の中で町人となった者もいたことがわかった。

言及状況

Twitter (4 users, 6 posts, 1 favorites)

@movitaso @ChorekiSambok ちょっと面白そうな論文あった https://t.co/YIGSBEEvS2
本稿は、須藤由蔵の手記である『藤岡屋日記』を素材に武士身分の売買と思われる事例を抽出し、近世中後期における武士身分の売買の実態について検討したものである。 CiNii 論文 -  近世中後期における武士身分の売買について--『藤岡屋日記』を素材に https://t.co/uBcZDlD2iY #CiNii
武士の身分は買えることを発見した論文。①御家人株の売買は庶民が武士になる手段、②武家の二男以下や武士身分を失った武士が武士層に戻る手段。 CiNii 論文 -  近世中後期における武士身分の売買について--『藤岡屋日記』を素材に https://t.co/SOZjNPMIzb
The buying and selling of the Samurai position in the latter period of the Edo: analysis of the "Fujioka-ya Nikki" https://t.co/SOZjNPMIzb

収集済み URL リスト