著者
松田 武美 マツダ タケミ Matsuda Takemi 森 由香子 モリ ユカコ Mori Yukako 柴田 絹子 シバタ キヌコ Shibata Kinuko
出版者
中部大学生命健康科学研究所
雑誌
生命健康科学研究所紀要 (ISSN:18803040)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.43-51, 2015-03

A介護老人保健施設での介護事故反復事例を使い,介護事故防止に対する研修を行った.その結果,研修開始時,参加者が関連させた情報から生活状態を解釈する力と研修終了時のアセスメント力及び研修後の理解度と研修後の変化について確認した.研修終了時の記録から根拠の記載があり,利用者の健康状態→心身機能・身体構造→活動に目を向けていること,次に起こることを予測している表現が見られること,根拠をもって実践を行う必要性が理解できていた.研修終了後の自己の変化について,「情報収集の必要性」「アセスメントの必要性」「介護の基本の大切さ」「連携」「学ぶ必要性」「仕事の心構え」「自身の意識の変化」について7つの学びの変化が見られた.

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 介護老人保健施設において介護事故反復事例を使用した職員研修の効果 - ICFの視点にもとづくアセスメントの思考過程の必要性 - https://t.co/rt1ghTvXxE
CiNii 論文 - 介護老人保健施設において介護事故反復事例を使用した職員研修の効果 - ICFの視点にもとづくアセスメントの思考過程の必要性 - https://t.co/rt1ghTvXxE
CiNii 論文 - 介護老人保健施設において介護事故反復事例を使用した職員研修の効果 - ICFの視点にもとづくアセスメントの思考過程の必要性 - https://t.co/rt1ghTvXxE
CiNii 論文 -  介護老人保健施設において介護事故反復事例を使用した職員研修の効果 - ICFの視点にもとづくアセスメントの思考過程の必要性 - https://t.co/n1X1SC5ObF #CiNii

収集済み URL リスト