著者
井上 孝夫
出版者
千葉大学大学院社会文化科学研究科
雑誌
千葉大学社会文化科学研究 (ISSN:13428403)
巻号頁・発行日
no.12, pp.1-9, 2006-03

山口県山陽小野田市厚狭に伝わる「三年寝太郎」伝説の深層には何があるのか。文献や寺社由来などを溯ってその始原の姿を検討していくと、そこからみえてきたものは、「寝る」こととは全く無関係な、妙見(北極星)信仰とのかかわりであった。寝太郎とはすなわち、子(ね)太郎であって、子の星(妙見)を意味する。そして妙見信仰はタタラと結びつく。寝太郎とは、妙見を信仰する製鉄民だったのである。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 3 favorites)

ふるさと 日本の昔ばなし セレクションでさっきやってた「厚狭の寝太郎」に関する論文 https://t.co/s1AVLk7Lo6
CiNii 論文 -  寝太郎伝説の深層構造 https://t.co/Jogn3SjwVF #CiNii これだわ

収集済み URL リスト