著者
大塚 萌
出版者
千葉大学大学院人文社会科学研究科
雑誌
千葉大学人文社会科学研究 (ISSN:18834744)
巻号頁・発行日
no.30, pp.158-176, 2015-03

近年海外から日本のサブカルチャーへの注目が高まり、マンガやアニメ作品が次々と輸出・翻訳されている。ドイツでも日本のマンガが数多く翻訳・出版されている。マンガが翻訳されるとき、日本語独特の表現や語彙をどのように翻訳するかが問題となる。本論では呼称表現のドイツ語版の翻訳語選択について、特に日本語語彙流入の変遷を考察する。分析対象として、日本のマンガブームの初期から長期にわたってドイツ語版が翻訳・出版された『新世紀エヴァンゲリオン』を使う。まず、先行研究を参考に、マンガにおける文字テクストの定義・分類を行い、さらにドイツのマンガを取り巻く環境を見る。その上で、家族に対する呼称表現と呼称接尾辞を使った表現のドイツ語翻訳例を調査し、分析する。その結果、年代が下るに従って日本語語彙をそのままドイツ語版の翻訳語として採用する傾向があることが分かった。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? ドイツにおける日本サブカルチャー受容の変遷 : 日本マンガ『新世紀エヴァンゲリオン』における呼称表現の翻訳(大塚 萌),2015 https://t.co/VM6OdR30Mi
こんな論文どうですか? ドイツにおける日本サブカルチャー受容の変遷 : 日本マンガ『新世紀エヴァンゲリオン』における呼称表現の翻訳(大塚 萌),2015 https://t.co/VM6OdR30Mi

収集済み URL リスト