著者
赤木 完爾 滝田 遼介
出版者
慶應義塾大学法学研究会
雑誌
法学研究 = Journal of law, politics and sociology (ISSN:03890538)
巻号頁・発行日
vol.89, no.9, pp.1-43, 2016-09

論説一 はじめに二 降伏決定の主因をめぐって (一) 《原爆投下》・《ソ連参戦》論争 (二) 国内要因三 「終戦」の諸相をめぐって四 おわりに

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

時期なので >赤木 完爾、滝田 遼介「終戦史研究の現在 : 《原爆投下》・《ソ連参戦》論争とその後」 一 はじめに二 降伏決定の主因をめぐって (一) 《原爆投下》・《ソ連参戦》論争 (二) 国内要因三 「終戦」の諸相をめぐって四 おわりに 法学研究 https://t.co/3ytGgaRt8L
https://t.co/z1CmPUeJpt
あとでよもー CiNii 論文 -  終戦史研究の現在 : 《原爆投下》・《ソ連参戦》論争とその後 https://t.co/HVcI53jSGc #CiNii

収集済み URL リスト