著者
多ケ谷有子
出版者
関東学院大学[文学部]人文学会
雑誌
関東学院大学文学部紀要 (ISSN:02861216)
巻号頁・発行日
vol.124, pp.61-103,

英国の伝統に桂冠詩人の制度がある。公式の初代の桂冠詩人はドライデンであるが、彼以前チョーサーなど多くの王室関与の詩人がおり、その長い歴史と伝統の上に桂冠詩人は成り立っている。わが国において、公的かつ国民的皇室行事として歌会始がある。これも長い皇室の歌御会の歴史に連なる。しかも歌会始はわが国の古い歌垣、その発展の延長線上にある踏歌、漢詩文の朗詠、また和歌の詠み上げを伴う催事である歌合、勅撰集の撰集行為など、わが国の詩歌の伝統文化を言わば集成したものと言える。本稿では、現在の歌会始への道のりを、皇室での歌会の伝統のみならず、わが国の詩歌の伝統を踏まえた観点で検討する。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  朗詠としての「歌会始」 : 詩歌と朗詠の伝統 : 桂冠詩人と「歌会始」 https://t.co/G3DluEUf8D #CiNii
こんな論文どうですか? 朗詠としての「歌会始」 : 詩歌と朗詠の伝統 : 桂冠詩人と「歌会始」(多ケ谷有子), https://t.co/S9ednY9sGe

収集済み URL リスト