著者
島村 宣男
出版者
関東学院大学[文学部]人文学会
雑誌
関東学院大学文学部紀要 (ISSN:02861216)
巻号頁・発行日
no.127, pp.55-80, 2012

On the release of a new foreign film in Japan, the Japanese companies go out of their way to put the original for instance, into `Japanese,' like 2001-nen: Uchuu no Tabi for Stanley Kubrick's 2001: A Space Odyssey(1968), Michi tono So-gu- for Steven Spielberg's Close Encounters of the Third Kind(1977), etc. Some titles have nicely taken root among movie-goers, others have remained odd enough for some reason or other. In recent years, the trend is to give random katakana-transcribed titles. Such meaningless Japanese titles, for what?

言及状況

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

検索結果に出た私の求める類のうち唯一オンライン公開しているもの コラムっぽい語り口で、スラングなど英題(原題)の持つ"含み"の、邦題への反映不足を批評している 各作品の紹介に力が入ってて観てみたくなる ん、なんか似た話題、先日Twitterで見た? https://t.co/U2F4U7xJSh
こんな論文どうですか? タイトルの無力 : 外国映画の邦題をめぐって(島村 宣男),2012 https://t.co/gmI4WAKvJO On the release of a new …
@Teslamk2t https://t.co/dpAhJi4s05 ごめんなさい、これですね・・・邦題のさまざまなパターンが分析されていて非常に面白かったので是非・・・
CiNii 論文 -  タイトルの無力 : 外国映画の邦題をめぐって https://t.co/dpAhJi4s05 #CiNii

収集済み URL リスト