著者
田所 弘基
出版者
佛教大学総合研究所
雑誌
仏教大学総合研究所紀要 (ISSN:13405942)
巻号頁・発行日
no.24, pp.15-25, 2017-03

高村光太郎の「「道程」時代」の詩歌を検討することは、「「道程」以後」・「「猛獣篇」時代」の詩歌との繋がりを明らかにするうえで重要である。「「道程」時代の詩歌」には、頽廃的な雰囲気を漂わせる「デカダン性」を表現した詩歌が複数見受けられる。これまで、このような詩歌が創作された理由としては、特に、当時の光太郎の生活態度が頽廃的であったことが挙げられてきた。しかしながら、「「道程」時代」の詩歌と、同時期に発表されていた美術に関する評伝・評論の翻訳との関連を検討することで、光太郎の生活態度からではない別の理由が明らかになった。本稿では、特に、アルセーヌ・アレクサンドルのトゥルーズ・ロートレック評伝を光太郎が翻訳した「痛ましき地獄の画家」に着目し、「「道程」時代」の詩歌と比較した。その結果、風景や人物のモチーフとなる対象が類似する点を明らかにすることができた。そしてこれらのモチーフが描かれたのは、「露骨な本能の発表」という新しい風景描写の表現をするためであると考えられる。高村光太郎トゥルーズ・ロートレック道程痛ましき地獄の画家本能

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 高村光太郎の「道程」時代の詩歌 : 「痛ましき地獄の画家」との関連から(田所 弘基),2017 https://t.co/8M1HZxJXaL
こんな論文どうですか? 高村光太郎の「道程」時代の詩歌 : 「痛ましき地獄の画家」との関連から(田所 弘基),2017 https://t.co/8M1HZy1y2j
こんな論文どうですか? 高村光太郎の「道程」時代の詩歌 : 「痛ましき地獄の画家」との関連から(田所 弘基),2017 https://t.co/8M1HZy1y2j
こんな論文どうですか? 高村光太郎の「道程」時代の詩歌 : 「痛ましき地獄の画家」との関連から(田所 弘基),2017 https://t.co/8M1HZy1y2j

収集済み URL リスト