著者
近藤 益代 こんどう ますよ Masuyo KONDO
雑誌
最新社会福祉学研究 = Progress in social welfare research
巻号頁・発行日
no.12, pp.1-10, 2017-03-31

本稿は,主に障害者総合支援法(2013)における障害福祉サービスに関する意思決定支援に焦点をあてたものである.文献研究により,意思決定支援の①意義,②目的,③主部,④方法,⑤課題を明らかにし,わが国の意思決定支援の見解に関する理論考察に取り組んだ.その結果,意義・目的・主部・方法・課題は,権利条約の意図である「障害者観の転換」や「自律」,「参加」と連関していた.結論として,意思決定支援とは,ソーシャルワークの要となる価値・知識・技術を総称する支援であるが,権利条約との連関をふまえると,意思決定支援とは,障害当事者自身,そして支援者を含む社会に障害者観の転換を強く求めるものであること,また,支援過程において個人の尊重の徹底と,障害当事者と支援者の力の釣り合いを模索しながらの「支援と自律の両立」へと支援者を導く概念であると理解された.The objective of this study was to clarify (1) the significance, (2) the purpose, (3) the principalpoints, (4) the methods, and (5) the problems of Supported Decision Making (SDM) for personswith disabilities, and to consider the theories of SDM in Japan.Results show that the significance, the purpose, the principal points, the methods, and the problemsrelate to the conversion of the views toward persons with disabilities , participation , and individualautonomy which are part of the Convention on the Rights of Persons with Disabilities. These findingsshow that SDM requires the conversion of the views toward persons with disabilities to peoplethat include disabled people themselves and workers, and lets workers be successful in both supportand individual autonomy.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 5 favorites)

CiNii 論文 - 障害者福祉領域における意思決定支援に関する一考察 : 障害者権利条約に基づく理論分析 https://t.co/JwNT9YXVI4
CiNii 論文 - 障害者福祉領域における意思決定支援に関する一考察 : 障害者権利条約に基づく理論分析 https://t.co/JwNT9YXVI4
CiNii 論文 - 障害者福祉領域における意思決定支援に関する一考察 : 障害者権利条約に基づく理論分析 https://t.co/JwNT9YXVI4
CiNii 論文 - 障害者福祉領域における意思決定支援に関する一考察 : 障害者権利条約に基づく理論分析 https://t.co/JwNT9YXVI4
CiNii 論文 -  障害者福祉領域における意思決定支援に関する一考察 : 障害者権利条約に基づく理論分析 https://t.co/d5QRGimbXK #CiNii

収集済み URL リスト