著者
長沢 孝司
出版者
日本福祉大学福祉社会開発研究所
雑誌
現代と文化 : 日本福祉大学研究紀要 = Journal of Culture in our Time (ISSN:13451758)
巻号頁・発行日
vol.136, pp.15-41, 2017-09-30

現代の若者は,職場の「いい人間関係」を求め,「人に役立つ仕事をしたい」と願っている.これは人間の本性に基づく正当な要求である.しかし企業の労務管理はその逆の方向に進んでおり,労働者内部の格差拡大,長時間労働,目標管理などによって,若者の思いは水面下に押し込まれて屈折している.これは結果的には日本企業にとって持続的な発展を抑止している.しかし若者労働者は,その困難の中でも自己発達の道を様々な形で模索している.若者は職場の現実を変革する努力を通じて,「いい人間関係」をつくり,「人に役立つ仕事」を目指そうとしている.こうした動きは,先進諸国に共通して現れている現象である.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 現代の若者労働-人間発達の観点からの考察- https://t.co/kwWjAgcRX9
CiNii 論文 -  現代の若者労働-人間発達の観点からの考察- https://t.co/K34wrcgqTZ #CiNii

収集済み URL リスト