著者
牛津 信忠
雑誌
聖学院大学論叢 = The Journal of Seiogakuin University
巻号頁・発行日
vol.30, no.1, pp.139-157, 2017-10

ホワイトヘッドにおいては,西田幾多郎のいう無の世界との近似性を把握できる側面がある。特に,「根底無」の世界に広がる「極微の存在」が人間の意識的存在に連続して在ることを知ることができる。このような作用連関と捉えうる有機的世界がホワイトヘッドのいうプロセスの内実であるとわれわれは考える。このように捉える時,個という存在を,そこにある福祉的可能性から明らかにしていく道を根底的に提示できるようになる。そうした議論について論理的解明をなすとともに,この第二部の後半部分においては,ハーマンス等の思想を福祉次元における有機的作用連関の具体的な方途の開発例として取り上げ解題している。 Whitehead's theory includes a theorized part through which we can grasp the approximation to the world of "nothing," as advanced by Nishida. In particular, we can learn about the submicroscopic existence that spreads into Nishida's world of "fundamental nothing" by scrutinizing the intentional existence of man. We realize that the organic world as such an operational connection is the reality of the "process" propounded by Whitehead. With such an understanding, we can fundamentally show the way toward clear individual existence with the possibility of welfare. Where operational connection exists, continuous meaning formation, i.e., creative working, is also present. While making a logical elucidation about such an argument, in the second half of part II of this study, we consider and expound the thoughts of H. Hermans and others as an example of developing a concrete way of organic operational connection in a welfare dimension.

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 - 人間福祉学における「プロセス哲学」の意味と可能性PartII : 福祉学上の方途的意味と展開可能性の軸芯を探る https://t.co/XPiULZ7sUp
CiNii 論文 - 人間福祉学における「プロセス哲学」の意味と可能性PartII : 福祉学上の方途的意味と展開可能性の軸芯を探る https://t.co/XPiULZ7sUp
CiNii 論文 -  人間福祉学における「プロセス哲学」の意味と可能性PartII : 福祉学上の方途的意味と展開可能性の軸芯を探る https://t.co/NC9aaRQfbJ #CiNii

収集済み URL リスト