著者
笹川 尚紀
出版者
京都大学文化財総合研究センター
雑誌
京都大学構内遺跡調査研究年報 The Annual Report of the Center for Cultural Heritage Studies (ISSN:13484001)
巻号頁・発行日
vol.2016, pp.155-184, 2018-03-30

1 はじめに [155]2 土佐藩白川邸の沿革 [156]3 尾張藩吉田邸の沿革 [167]4 おわりに [176]

言及状況

Twitter (8 users, 10 posts, 18 favorites)

慶応3年7月29日(1867年8月28日)、中岡慎太郎らが土佐藩の白川邸に入った(現在の京都大学北部構内)。陸援隊の屯所とされる。笹川尚紀「土佐藩白川邸・尾張藩吉田邸にまつわる覚書」(『京都大学構内遺跡調査研究年報 2016年度』、2018年)は、白川邸の沿革などを分析。 https://t.co/yc9PEH3vaJ
慶応3年7月29日(1867年8月28日)、中岡慎太郎らが土佐藩の白川邸に居を定めた。ここが、陸援隊の屯所とされる。笹川尚紀「土佐藩白川邸・尾張藩吉田邸にまつわる覚書」(『京都大学構内遺跡調査研究年報』2016年度)は、中岡が白川邸を使うに至った経緯などを分析。 https://t.co/yc9PEH3vaJ

収集済み URL リスト