著者
白川 健 三崎 凌
出版者
千葉大学教育学部
雑誌
千葉大学教育学部研究紀要 (ISSN:13482084)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.409-413, 2017-12

[要約] 本論文では,サッカーのPK戦を確率論を用いて分析するアルゴリズムを,中学・高校数学の授業作りの基本素材(元ネタ)となり得る数学モデルとして提案する。また提案モデルの「目標プロファイル」を具体的に構成・検証することによって,モデルが有するPK戦の分析アルゴリズムとしての説得力を数学的に考察する。更に得られた考察を基に提案モデルの達成度を評価し,今後の活動継続に向けて必要となる課題等についても検討する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 8 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE
こんな論文どうですか? 確率を題材とする数学教材の開発に向けたPK戦の数学的考察(白川 健ほか),2017 https://t.co/BTArnzPfNE

収集済み URL リスト