著者
楠見 孝 米田 英嗣
出版者
コンテンツツーリズム学会
雑誌
コンテンツツーリズム学会論文集 = Contents tourism review
巻号頁・発行日
vol.5, pp.2-11, 2018-03

本研究では、作品舞台の旅における旅行者の物語への没入感に、旅行者の個人差特性、訪問時の感情がどのように影響するのか、あわせてアニメ、TVドラマ、映画、小説に差異があるかを心理学的に検討した。作品舞台の旅の経験をもつ、全国の16-79歳の男女市民800人にインターネット調査を行った。その結果、個人差特性としての懐かしさポジティブ傾向性と想像性が、旅における既知感による懐かしさや感動を喚起して、作品への没入感を深めることが明らかになった。コンテンツ間の差異に関しては、アニメの聖地巡礼は、年齢層が20-30歳代で、旅行前・中・後ともネットへのアクセスなどにおいて能動的で、感動も大きい。一方、小説の聖地巡礼は、年齢層は50-60代とやや高く、訪問時の既知感が他のコンテンツに比べて低い。したがって、訪問時における場所への既知感が高いことが没入感と関連する。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  "聖地巡礼"行動と作品への没入感 : アニメ、ドラマ、映画、小説の比較調査 https://t.co/x9J8yyIi6t #CiNii
CiNii 論文 -  "聖地巡礼"行動と作品への没入感 : アニメ、ドラマ、映画、小説の比較調査 https://t.co/KwrM0JAYXO #CiNii

収集済み URL リスト