著者
坂入 竜治
出版者
ルーテル学院
雑誌
ルーテル学院研究紀要 = Bulletin of the Japan Lutheran College and Theological Seminary (ISSN:18809855)
巻号頁・発行日
no.52, pp.81-95, 2019-03-01

本研究の目的は、精神保健福祉士を対象とした事例検討会のモデルを構築するために、事例検討会の効果と効果を導く要素(効果的要素)を探索することである。精神保健福祉士11 名を対象に事例検討会の3 側面(効果、過程、構造)についてフォーカス・グループ・インタビューを実施し、質的データ分析を行った。その結果、「効果」として≪クライエント・システムの理解の深化≫・≪専門職としての視点・態度の確認≫・≪疾病や障害に関する知識の習得≫・≪解決策≫・≪自己覚知≫・≪サポート関係の強化≫・≪組織・人材の育成≫・≪ネットワークの構築≫の8 カテゴリーを抽出した。「効果」を導く「過程」の効果的要素として8 カテゴリー、7 サブカテゴリー、「構造」の効果的要素として6 カテゴリー、15 サブカテゴリーを抽出した。これにより、事例検討会の3 側面の関係性が浮かび上がり、効果的な事例検討会のモデルを構築するための知見が得られた。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 -  精神保健福祉士を対象とした事例検討会の効果と効果を導く要素との関連性についての質的研究 https://t.co/R1g48T5fB3
CiNii 論文 -  精神保健福祉士を対象とした事例検討会の効果と効果を導く要素との関連性についての質的研究 https://t.co/R1g48T5fB3
CiNii 論文 -  精神保健福祉士を対象とした事例検討会の効果と効果を導く要素との関連性についての質的研究 https://t.co/f7X4ZSDwJa #CiNii
CiNii 論文 -  精神保健福祉士を対象とした事例検討会の効果と効果を導く要素との関連性についての質的研究 https://t.co/f7X4ZSDwJa #CiNii

収集済み URL リスト