著者
水野 由多加
出版者
関西大学社会学部
雑誌
関西大学社会学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Sociology, Kansai University (ISSN:02876817)
巻号頁・発行日
vol.50, no.1, pp.61-74, 2018-10

海外では先行する事象がありながらも(注1)、日本で、主として公的な施設の「名前」が、契約によって使用権として対価を伴って売買される、いわゆる「ネーミングライツ(命名権)」として認識され実践が伴ったのは、2002年以降ときわめて近年の事象である(水野、2017)。行政学、私法商法実務などでこれに対する整理も試みられているが、本稿は広告研究としてその価値の泉源を確認し、断片的ながらも、その基底的な認識に向かう議論を試みる続編である。

言及状況

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト