著者
三島 美佐子
出版者
九州大学総合研究博物館
雑誌
九州大学総合研究博物館研究報告 (ISSN:13483080)
巻号頁・発行日
no.15, pp.65-68, 2018-03

本報は、この約10年にわたり当館で取り組んできた、本学の歴史的什器の救済、保存、および活用に関する取り組みについて俯瞰し、救済した什器の今後の保存活用方策の可能性について述べるものである。まず、新たな保存のあり方として、個人や事業所等に什器を貸し出し、そこで使いながら保管してもらう「在野保存」を提案し、その実装にむけて必要と思われる要素を述べる。次に、什器を展示や研究利用することに加え、重複品等については資金化に供することの可能性について述べる。いずれにおいても、大学ならびに大学博物館がこのような取り組みをすすめるには、単に実務・実利を目的とするのではなく、対象とした什器をとおして、利用者(借用者・購入者)の学びや延長された博物館体験につなげることを主眼とすべきである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

こういう家に住みたいな リンク先を見てて什器が「九州大学歴史的什器保存活用プロジェクト」ってあったのが気になって調べてみたら、九大のキャンパス移転で廃棄される什器を在野保存するプロジェクトなのだそう https://t.co/YrDU5JJQi3 https://t.co/pooDrgvbOM

収集済み URL リスト