著者
川上 宏之 天倉 吉章 堤 智昭 佐々木 久美子 池津 鮎美 稲崎 端恵 久保田 恵美 豊田 正武
出版者
[日本食品衛生学会]
雑誌
食品衛生学雑誌 (ISSN:00156426)
巻号頁・発行日
vol.51, no.5, pp.258-263, 2010

天然/畜養クロマグロおよび畜養ミナミマグロの赤身,中トロおよび大トロのダイオキシン類および総水銀を分析し,部位,畜養/天然および種差について検討した.検討の結果,ダイオキシン類濃度は,脂質含有量との間に正の相関が見られ,部位別濃度は赤身<中トロ<大トロであった.クロマグロは,畜養と天然産で差がなく,畜養ミナミマグロに対して約2~10倍ほど高い値を示した.総水銀濃度は,脂質含有量との間に負の相関を示し,部位別濃度は赤身>中トロ>大トロであった.畜養クロマグロの総水銀濃度は,天然産と同レベルの蓄積であったが,畜養ミナミマグロの約2~3倍高い値を示した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

マグロ肉における脂質含有量とダイオキシン類,総水銀およびメチル水銀レベルの関係について https://t.co/WL8fM68DkV ダイオキシン類濃度は,脂質含有量との間に正の相関が見られ,部位別濃度は赤身<中トロ<大トロ 総… https://t.co/PNP3eKzcEV
2 2 https://t.co/mocP7L22o8
こんな論文どうですか? マグロ肉における脂質含有量とダイオキシン類,総水銀およびメチル水銀レベルの関係について(川上 宏之ほか),2010 https://t.co/iMlMiedB8Z

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト