著者
西間 三馨
出版者
Japanese Society of Pediatric Pulmonology
雑誌
日本小児呼吸器疾患学会雑誌 (ISSN:09183876)
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.10-26, 1990

国療南福岡病院小児科における気管支喘息の年間登録患者数は, 1975年: 466人, 1988年: 2, 140人と4.6倍, 発作入院患者数は1975年: 121例, 1988年: 1, 005例の8.3倍となっているが, 死亡患者は年に1例の率で出ており, その多くは自宅死亡かDOA (death on arrival) である。これらのことは病態の解明などに伴って, 喘息の管理が飛躍的に向上したことを物語っている。<BR>しかしながら, 重症または難治型喘息児の予後は必ずしも良好なものではない。発症後20年の重症児の予後をみた我々のデータでは治癒: 40.9%, 死亡: 5.4%となっており, 死亡の73.3%は思春期児の急死であった。このように, とくに思春期の年齢層はpsycho-socio-economical handicapが加わった場合に極めてコントロールが困難となっている。<BR>一般的に喘息がコントロールしやすくなったことは確かではあるが, 重症難治型の喘息児には, 多種薬剤の長期使用の弊害, 日常生活の障害, 進学就職上の障害, 夜間救急体制の不備, 周辺社会の無理解など, 多くの問題があり, 社会的視野を持った真の意味でのtotal careの確立が強く望まれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

asthma_rss: 重症気管支喘息児の予後と治療 https://t.co/dWbwHHm5mq #呼吸器 | https://t.co/O9JAlKxDqh
asthma_rss: 重症気管支喘息児の予後と治療 https://t.co/T9hH9g3pg7 #呼吸器 | https://t.co/O9JAlKxDqh
1 1 https://t.co/0FRhp39JY9
こんな論文どうですか? 重症気管支喘息児の予後と治療(西間 三馨),1990 https://t.co/vRnrHm57Yw 国療南福岡病院小児科における気管支喘息の年間登録患者数は, 1975年: 466人,…

収集済み URL リスト