著者
馬場 みちえ 板並 智子 一木 真澄 畝 博
出版者
The Japanese Association for Cerebro-cardiovascular Disease Control
雑誌
日本循環器病予防学会誌 (ISSN:13466267)
巻号頁・発行日
vol.42, no.2, pp.75-80, 2007

目的 : 要介護4・5の重度の要介護状態になるリスク要因を明らかにすることである。<BR>対象と方法 : 福岡県Y町において症例対照研究を実施した。症例群は介護保険の要介護4と5の高齢者 (以下、要介護者群) 62人、対照者群は健常高齢者あるいは要支援の高齢者から性、年齢をマッチさせ、1 : 1の割合で無作為に抽出した。2001-2002年に聞き取り面接調査を行い、要介護状態になった原因疾患、既往歴・治療歴、基本健康診査受診回数、生活習慣、性格、趣味などの情報を得た。さらに、過去の血圧値と降圧薬服用状況、および実際の基本健康診査受診歴について、1989年~1993年の基本健康診査データを参照した。<BR>結果 : 要介護状態になった原因疾患は、脳血管疾患が41.9%、認知症27.4%、大腿骨骨折12.9%の順であった。要介護に関連する要因では、糖尿病治療歴のある者ではオッズ比は3.54 (95%CI : 1.07-11.76, p<0.05) と有意に高く、高血圧治療歴のある者ではオッズ比が0.82とリスクの上昇がみられなかった。そこで、要介護者群と対照者群の高血圧症の頻度およびその治療状況を過去の基本健康診査データ (1989-1993年) に遡って22ペアについて比較した。既に治療中である者も含めた高血圧症の数は、要介護者群が14人 (63.6%) 、対照群が8人 (36.4%) であり、要介護者群に高血圧症が多かった (p<0.05) 。そのうち降圧薬を服用している者は、要介護者群では4人 (28.6%) 、対照者群では4人 (50.0%) であり、要介護者群に高血圧症でありながら治療を受けている者が少なかった。また実際の基本健康診査受診歴 (45ペア) では、要介護者群に受診回数が少なかった。<BR>結論 : 要介護者群では、高血圧症の者が多いにもかかわらず、高血圧症への認識や治療へのコンプライアンスが悪く、また基本健康診査の受診回数も少なかった。定期的に健康診査を受けることは、人々の高一血圧への認識や治療へのコンプライアンスを高めることにつながり、重度の要介護状態になることを予防していることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 8 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7
1 1 https://t.co/weCcoRtNTH
こんな論文どうですか? 要介護4・5の認定高齢者における脳血管疾患のリスク要因に関する症例対照研究(馬場 みちえほか),2007 https://t.co/Gs4KHyVrz7

収集済み URL リスト