著者
永井 純一
出版者
The Japanese Association for the Study of Popular Music
雑誌
ポピュラー音楽研究 (ISSN:13439251)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.96-111, 2006

近年、ロックフェスティバルをはじめとする音楽イベントが隆盛である。それらは、かつてのようにカウンターカルチャーの決起集会的なものではなく、レジャー感覚で楽しむものとして定着しつつある。そこでは、ポピュラー音楽の新たな受容のスタイルが生み出されている。このとき聴衆は「参加者」として新たな意味が付与され、主催者とともにフェスティバルを作り上げるような、積極的な存在として捉えられている。音楽受容が多様化するなか、こうした現象はポピュラー音楽研究のさまざまな観点から論じられるべき、興味深い現象であるといえよう。本報告では彼らのエスノグラフィ通じて、現代の積極的な聴衆としてのロックフェスティバルの参加者像を描くことを目的とする。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 16 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/tj2vQQqVyp
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/tj2vQQqVyp
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/tj2vQQqVyp
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
【ヲタこそ主役】2006年の論文だけど、その分析は現在の状況によりフィットする
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx
こんな論文どうですか? 〈参加〉する聴衆-フジロックフェスティバルにおけるケーススタディ-(永井 純一),2006 https://t.co/NygsDD1pyx

収集済み URL リスト