著者
津田 俊輔 横谷 尚睦 木須 孝幸 辛 埴
出版者
一般社団法人 日本物理学会
雑誌
日本物理学会誌 (ISSN:00290181)
巻号頁・発行日
vol.57, no.4, pp.258-262, 2002

光電子分光のエネルギー分解能はここ20年で2桁向上し, 最近では1meVに迫る分解能も得られるようになった. その結果, 光電子分光測定からも固体物性を支配するフェルミ準位極近傍の数meVという微細なエネルギースケールを持った電子構造を直接的に観測できるようになった. 本稿では超高分解能化および測定試料温度の低温化により拓かれた微細な電子構造に関する光電子分光研究を, 最近発見されたMgB<SUB>2</SUB>超伝導体を例に紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 超高分解能光電子分光と物性研究  MgB2の超伝導ギャップの直接観測を例にして:MgB<SUB>2</SUB>の超伝導ギャップの直接観測を例にして(津田 俊輔ほか),2002 https://t.co/BLpTuAPEmC
こんな論文どうですか? 超高分解能光電子分光と物性研究  MgB2の超伝導ギャップの直接観測を例にして:MgB<SUB>2</SUB>の超伝導ギャップの直接観測を例にして(津田 俊輔ほか),2002 https://t.co/ezMydNEy70
1 1 https://t.co/MSFpGLugl7
こんな論文どうですか? 超高分解能光電子分光と物性研究  MgB2の超伝導ギャップの直接観測を例にして:MgB<SUB>2</SUB>の超伝導ギャップの直接観測を例にして(津田 俊輔ほか),2002 https://t.co/ezMydNEy70

収集済み URL リスト