著者
西宮 仁
出版者
Japanese Society of National Medical Services
雑誌
医療 (ISSN:00211699)
巻号頁・発行日
vol.59, no.9, pp.477-481, 2005

進行性核上性麻痺(PSP)の診断上, 画像所見は有力な補助診断手段として用いられてきた. 主な所見としては, 頭部MRIにおいて認められる, 脳幹の中脳・橋被蓋部, ことに中脳吻側部の萎縮によって示されるハミングバードサイン, PVH等の大脳白質の異常信号, 頭部MRIおよびCTにて認められる第3脳室拡大, 四丘体槽拡大, シルビウス裂拡大, 前頭葉萎縮, 側脳室拡大, SPECTおよびPETにおける前頭葉の血流低下等が知られている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 進行性核上性麻ひ(PSP):その理解と支援  進行性核上性麻ひの画像診断:特徴と診断のポイント(西宮 仁),2005 https://t.co/XBXAv8zy4S
1 1 https://t.co/UImjNl8oX9
こんな論文どうですか? 進行性核上性麻ひ(PSP):その理解と支援  進行性核上性麻ひの画像診断:特徴と診断のポイント(西宮 仁),2005 https://t.co/XBXAv8zy4S

収集済み URL リスト