著者
古明地 勇人
出版者
Chem-Bio Informatics Society
雑誌
Chem-Bio Informatics Journal (ISSN:13476297)
巻号頁・発行日
vol.7, no.1, pp.12-23, 2007
被引用文献数
5

ブルームーンアンサンブル法 (Carter et al., 1989, <I>Chem. Phys. Lett.</I> <B>156</B>, 472; Sprik & Ciccotti, 1998, <I>J. Chem. Phys.</I> <B>109</B>, 7737)は、指定された反応座標に沿って、自由エネルギー変化を計算する方法の一種である。ここでは、「粒子間距離」および「粒子間距離の差」を反応座標に取る場合についてブルームーン法のアルゴリズムを導出した。アルゴリズムの実装は、任意のプログラムに実装可能なように、フォートラン様の擬似コードを用いて説明した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? ブルームーンアンサンブル法の実装(古明地 勇人),2007 https://t.co/0RR4cekM4v ブルームーンアンサンブル法 (Carter et al., 1989, <I>Chem. Phys. Lett.</…
こんな論文どうですか? Implementation of the blue moon ensemble method(古明地 勇人),2007 … https://t.co/0RR4cekM4v ブルームーンアンサンブル法 (Carter et al., 1989…
こんな論文どうですか? Implementation of the blue moon ensemble method(古明地 勇人),2007 … http://t.co/ktteAyBMSE ブルームーンアンサンブル法 (Carter et al., 1989…

収集済み URL リスト