著者
ト部 晋平 浜村 亮次 藤野 有弘 田中 弘之 宮國 泰明
出版者
耳鼻
雑誌
耳鼻と臨床 (ISSN:04477227)
巻号頁・発行日
vol.41, no.2, pp.174-181, 1995

マスキングなしの気導域値に左右差があるとき, オーバーマスキング (OM) の可能性がない最高のノイズを用いる骨導聴力検査のマスキング法を考案した. 本法の手順はA BC法やABCI法よりも単純であり, 理論的に最も能率的なマスキング法である. さらに, 非検耳の気導骨導差 (A-B gap) が気導音の両耳間移行減衰量 (IaA) に等しい場合でも, プラトー法を応用することによつて, 検耳の真の骨導域値を推定できる場合があることを述べた. A-B gapとIaAの関係式は, マスキング法を理論的に解析する上で最も重要な式である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 純音聴力検査におけるマスキングの理論的考察:その2:骨導聴力検査のマスキング法(ト部 晋平ほか),1995 https://t.co/0yvkbARW3S マスキングなしの気導域値に左右差があるとき, オーバーマスキング (…
こんな論文どうですか? 純音聴力検査におけるマスキングの理論的考察:その2:骨導聴力検査のマスキング法(ト部 晋平ほか),1995 https://t.co/0yvkbARW3S

収集済み URL リスト