著者
金子 雄一郎 山下 良久 小林 啓輝
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.69, no.2, pp.I_87-I_94, 2013

近年鉄道駅において,ホームからの転落事故や列車との接触事故が多発しており,利用者の安全確保が喫緊の課題となっている.このような状況を受け,国土交通省は2011年8月にホームドア等の整備促進に関する基本方針を定めており,今後はこれらの施策の事業評価において,利用者の安全性向上効果を計測する必要性が高まると考えられる.そこで本研究では,鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益について,仮想的市場評価法を用いて計測を試みた.具体的には,東京圏の鉄道利用者を対象にWebアンケート調査を実施し,ホームの安全に対する意識を把握するとともに,ホームドア設置による価値について,提示額に対する賛否を二段階二項選択方式で尋ねた.これらの回答を基に,ロジットモデルを用いて支払意思額を推定し,これに受益者数を乗じることで便益を計測した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 仮想的市場評価法を用いた鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益の計測(金子 雄一郎ほか),2013 https://t.co/aCpOUN77wR
こんな論文どうですか? 仮想的市場評価法を用いた鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益の計測(金子 雄一郎ほか),2013 https://t.co/83tfb8W1ET
こんな論文どうですか? 仮想的市場評価法を用いた鉄道駅へのホームドア設置による安全性向上便益の計測(金子 雄一郎ほか),2013 https://t.co/83tfb8EqNl

収集済み URL リスト