著者
当舎 万寿夫
出版者
気象庁気象研究所
雑誌
Papers in Meteorology and Geophysics (ISSN:0031126X)
巻号頁・発行日
vol.13, no.3, pp.239-244, 1962

大阪管区気象台のレーダによつて得られたエコー高度の観測データに基づいて我が国の驟雨と雷雨の判定基準が出されている。大阪のレーダは気象研究所のものと性能が大体似ているので,先に筆者と市村の求めたレーダ因子がそのまま使える。これによつて補正を行い,雷雨と驟雨に分けた。高層気象観測のデータは潮岬のものを用い,レーダエコーの高度とその高度に対応すを気温を求めた。<BR>得られたレーダ観測資料をすべて適用すると臨界値として-9.8℃ の温度値がえられた。<BR>不連続面の存在している場合を除外して,同一気塊内における雷雨や驟雨のものに限定すれば,臨界値は-15.0℃になつた。<BR>この値は気象研究所のレーダにて求めた同一気象条件のもの(-15.6℃)に近い。よつて,我が国の雷雨判定規準として,雲頂高度が-15℃~-16℃の等温層を越えるものにとりうる。<BR>不連続線によつて発生する雷雨では規準高度が低い,雲頂高度が低い所でも雷の発生を認めることになる。これは不連続面の場合,大きな乱れ作用によつて帯電現象が早く起ることになる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 12 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/OEQZyFhQcV
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ
こんな論文どうですか? レーダによる驟雨と雷雨の研究(РАДИОЛОКАЦИОННЫЕ ИССЛЕДОВАНИЯ ЛИВНЕЙ И ГРОЗ)(当舎 万寿夫),1962 https://t.co/re1WD37HJJ

収集済み URL リスト