著者
佐藤 知久
出版者
日本文化人類学会
雑誌
日本文化人類学会研究大会発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.2008, pp.16, 2008

本発表は、ドラァグ・クイーンという現象についてアメリカ合衆国と日本での状況を比較検討しつつ論じるものである。特に本発表では1990年代初頭の合衆国から日本へのドラァグ・クイーン文化導入の経緯とその後の展開について考察し、日本ではドラァグの「転覆」「脱臼」的な効果がゲイ男性による批判的実践のみならず、ヘテロセクシュアル女性による美や女性身体をめぐる規範の批判としても用いられていることを指摘する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 8 favorites)

CiNii 論文 -  ドラァグ・クイーンとその身体:合衆国から日本への移転と変容をめぐって https://t.co/Hh93ffpRKh あとで読む

収集済み URL リスト