著者
川崎 智也 轟 朝幸 小林 聡一
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
土木学会論文集D3(土木計画学) (ISSN:21856540)
巻号頁・発行日
vol.71, no.5, pp.I_523-I_532, 2015

首都圏の都市鉄道では,朝ラッシュ時に定常的な混雑が発生している.混雑緩和に対する一つの解決策として,時差通勤をした者に対して,抽選で賞金が当たる抽選型報奨金制度がある.本研究では,東京メトロ東西線利用者を対象として,オーダードロジットモデルを用いて抽選型報奨金制度を導入した場合の鉄道利用者行動モデルを構築し,当選金額および当選金額に対する感度分析を実施した.その結果,当選の期待値が100円の下で当選金額を28.9千円(当選確率0.33%)とした場合,定額型施策よりも時差通勤施策の参加者が増加する可能性が示され,混雑率は197.5%となり,現状の混雑率である199%から1.5%減少することが示された.当選金額を20万円(当選確率0.05%)と高額に設定すると,混雑率は196.9%まで減少し,定額型施策よりも0.6%低下した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 都市鉄道の時差通勤施策における抽選型報奨金制度の有効性(川崎 智也ほか),2015 https://t.co/d4qyCQYctp
こんな論文どうですか? 都市鉄道の時差通勤施策における抽選型報奨金制度の有効性(川崎 智也ほか),2015 https://t.co/d4qyCQYctp
こんな論文どうですか? 都市鉄道の時差通勤施策における抽選型報奨金制度の有効性(川崎 智也ほか),2015 https://t.co/llYaTN6fUD
1 1 https://t.co/PbtxahVAWT
こんな論文どうですか? 都市鉄道の時差通勤施策における抽選型報奨金制度の有効性(川崎 智也ほか),2015 https://t.co/llYaTN6fUD

収集済み URL リスト